スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護活動について

私がLAアカデミーに行ったきっかけは、「現役トレーナー向けのアカデミー」の


告知を見たのが最初だったのですが、結局「保護活動者向けアカデミー」の


日程に潜り込ませていただいたので、「保護活動者」という別の世界を


見せていただくことができました。


CalmDogは、保護という活動には取り組んでいません。


「飼い主さんのいるワンコ」が対象になっています。


でも、今回のアカデミーでご一緒した方がお二人とも保護活動者。


関東在住のZキヤマさんは、犬のこはくちゃんを保護団体から引き取り、


さらに病気の猫を保護して治療するなどにたずさわっています。


ロサンゼルス在住のNシモトさんは、愛犬クリームを保護団体から


引き取り、さらに今回のアカデミーで出会った保護犬ジンジャーの


里親として名乗りをあげ、さらにさらに、アカデミー終了後も


ボランティアとしてドッグハウスに通われることが決まったそうです。


私自身も、2頭の捨て犬(迷い犬)と1匹の猫を引き取って


育ててきた経験がありますが…。


今は、ブリーダーからゴールデンを3頭飼っているので、保護の世界には


少し程遠くなっています。




アカデミー中に、ロサンゼルスの保護施設を訪問して、


masumiさんとスタッフのマリリンから保護の実態を教えてもらいました。


masumiさんを代表とするDoggi's911では、保護した犬の健康管理を施し、


他の犬や他の人との接し方をドッグハウスで学ばせ、


新しい飼い主候補者とは、納得いくまで話し合った上で、


アダプトを決めています。


引き取ったあとも、飼い主さんから要請があればセッションを


行い、「里親先でも幸せになれますように…」と本当に事細かく


配慮されている様子に驚きました。






masumiさんたちが保護犬の引き出しをするロスの施設は、


日本の保健所とは似ても似つかない造り。


一頭一頭が個別の部屋を与えられ、糞尿は手早く処理されているので


匂いなんて全然しません!


飼い主希望の方がひっきりなしに訪れて、広いスペースで


犬とのマッチングをしていました。


100頭以上のアダプト待ちの犬を見ましたが、どの子も清潔です。


ケガや病気、攻撃性の確認などでアダプトを見送る犬は、施設内の


別の場所で保護されているそうです。





そしてピットブルか、ピット系ミックスの多さに驚かされました。


日本だったら、小型犬率が高いと思いますが、LAではピットブルを


飼って手放す人が多いのですね…。


masumiさんがこの施設から犬を見極めるのですが、


ちょっとしたしぐさ、ちょっとした癖をあっという間に見抜き、


アカデミー生に説明してくださいました。


私が、「この犬はどうですか?」とチェックしてもらったのは、


シェパード系ミックスだったのですが、masumiさんは


この犬の癖をすでにチェック済み!


虫や反射する光が動くたびに、目で追う習性がある。


つまり、動くものに対する執着を持つ犬だと判断していたのです。


masumiさんが見極め、引き出す犬にも最善の配慮をしているのです。


masumiさんたちスタッフが「トレーニング部門」だとしたら、


スタッフのマリリンは「レスキュー部門」。


マリリンからも、保護活動についてレクチャーがありました。


※英語でしたが、ユウコさんがすべて翻訳してくれます。


「愛」にあふれた人物マリリンは、これまでに2500頭の犬を


レスキューしてきたそうですよ!


ご自身でも、レスキューしたピットブルのエンジェルと暮らしています。


マリリンの車には、いつでもレスキューできるようにクレートや


レスキューグッズが常備されていました。




LAの施設から引き出した犬の他、放浪犬などをDoggi's911で


保護し、必要であれば投薬やトレーニングを施したあとは、


毎週土曜日に大型ペットショップ「PETCO」で譲渡会を


開催しています。


アメリカでは、ペットショップでの「生体販売」が禁止されています。


ピュアブリードの犬が欲しければ、専門のブリーダーを探すか、


譲渡会で欲しい犬種を探すのが一般的なのです。


広い店内の真ん中にクレートを並べ、保護犬たちを展示するのですが、


これがまた「展示」という言葉を使いたくないぐらいに丁寧に扱われます。


子供の頃から「ボランティア活動」をするのが習慣になっているので、


朝から小学生から大人までのボランティアが多数集まり、


保護犬たちの世話にあたります。


クレートに入った犬は、なんと「1時間に一回」のペースで散歩に


連れ出されるのです!


中で糞尿をさせない配慮でもありますが、展示されるストレスを


避けるための「愛」ある行動です!


何度も散歩に連れていってもらえるから、犬たちの表情も穏やか。





訪れる「飼い主希望者」は、90個近くの質問に答えて、それに


マッチしなければ犬を譲渡できないという徹底ぶりに驚きました。


90個近くの質問には、過去の飼育経験や飼育年数、飼っていた犬が亡くなった


理由のほか、家の間取りや賃貸であれば家主の連絡先まで書き込みます。


希望者が気に入っても、スタッフの誰かが「ハウスチェック」を行い、


問題があれば問題点を修復するまで譲渡はされません。


今回の滞在時も、「家の塀が壊れそう」という理由で譲渡を


見送ったところ、ちゃんと修繕して再来店した方がおられました。


それほど厳しい譲渡条件をクリアしてこそ、犬に新しい幸せがやってくるのですね。




今、私の仕事は「飼い主のいる犬」で手一杯ですが、


「保護犬」という別の世界に触れられたことが大きな糧になりました。


これから飼い主を求めなければならない犬たちに何かできることはないのか?


色々考えさせられましたわ~。








↓ 保護活動もやっぱり「愛」ですね!と思ったあなたはクリックを。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト

じわじわ実感。

アカデミーから戻ってから4日たちました。


ゴールデンウィークのマスミさんの東京セミナーのときにも


感じたことですが、セミナーもアカデミーも、あとからジワジワと


自分の中の変化に気づき始めます。


この4日で、しつけ教室8頭、出張レッスンをこなしました。


どちらも、今までとおりのカームドッグ流ですが、


端々に「あ、これがマスミさんの伝えたかったことね」と


感じる日々。


私が対象としている犬は、飼い主さんがいる子たち。


アカデミーで出会ったのは保護犬だから、飼い主募集中の子たち。


条件は異なりますが、人間の愛がなければ生きられない犬を


幸せにするか、不幸にするかは人間次第。


幸せそうに見えて、不幸、不安定に気づいてあげることが


大切なのですね。




今日は旦那と3ゴルと車中泊をしながら釣りに来ています。


旅慣れた3ゴルは、あちこちから声をかけられて


可愛がられています。


以前は触られるたびに興奮して面倒でしたが、


飼い主である私が、触りに来る人をコントロールできれば


興奮しなくなりました。


興奮は「喜び、嬉しい」とは限らないことに気づいてもらうこと。


↓車が大好き。人が大好き。久々に一緒に行動できてご機嫌です。

旅が大好き




↓はい、ぽちっとな。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

ポンポンテスト不合格!

日本に戻って、時差ボケをしている余裕もないまま通常業務をこなしています。


今日は、週一回のペットショップのしつけ教室だったのですが、


なんと参加頭数が8頭!!!!!(4頭ずつのグループレッスン)


疲れた体に鞭打って頑張りましたわよ…


最近、しつけ教室の参加頭数がどんどん増えていくのは気のせい?


飼い主さんの「しつけ」への意識が高まるのは良いことです!








さてさて、今日もLAアカデミーの続きです。


参加された方々の過去のブログを読むと必ず


登場しているのが、ポメミックスのポンポン。


ポンポンは過去にどんなトラウマをしょっているのか不明ですが、


とにかく、人に抱かれることも触られることもだいっきらい。


抱き上げようものなら「シャー!」って怒りまくります。。。


アカデミー参加の方も、ポンポンに「シャー!」って言われないように


だっこしたり触ったりするコツを模索しまくるのですが、


これがまた、なかなかの曲者でして…。


スタッフのカオリさんは、ポンポンと出会った日だけだめだったのに


翌日から全然「シャー」って言われなくなったそうな。


ドッグハウス初日に、いきなりポンポンを紹介されて、


「ポンポンが認めた人じゃないとシャーって言うよ」と


告げられました。


カオリさんいわく、ポンポンが認める人は、「可哀想」という同情が


ないことと、ポンポンのことを心から好きになってくれる人だそうで。


ポンポンは頭と手足以外の毛がありません。


首から下がツルツルです。


最初はアレルギーかと思いましたが、見たところ「やけど」のような…。


ドッグハウスに来た当初はボロ雑巾のような悲惨な姿だったとか。


「だっこしてみて」と言われたので素直に「はい」とだっこしたら、


「シャー」どころか、ものすごい形相で怒りまくり、挙句のはてに


器官が詰まってゲホゲホしまくるので、「だめだこりゃ」と


すぐにおろしました。


ポンポンを見て確かに「可哀想に…」という同情もしましたが、


私の率直な感想は…「えーっ、めんどくさい男」です(笑)。


「シャーシャー言ったら、損でしょーがぁ!」と真っ向から


イラつきました(←ドッグトレーナーとしてどうよ?)。


外見なんてどうでもいい。


人間に向かって「シャー」はないやろ!


ポンポン、イラつかれたのは初めてだったのか、


それからの6日間、とにかく私が入室したら「じーっ」と見る見る!


いつも「なんか視線感じる」と思ったらポンポンと目が合うのです。


「なんやねん?」


私は犬に好かれようなんて思っていません。


犬は好きですが、無条件ではありません。


犬を見て興奮して「かわいい~ん!」というタイプの犬好きではないのです。


(CalmDogを受講されたお客様はきっと「うんうん」って頷いてます?


お客様から付けられたあだ名は「魔女」ですから。)


ただ、自分に関わった犬が好きなだけですねん。


ドッグトレーナーになりたいと思ったのは、犬が好きというより、


飼い主さん(人間)が困っているのをなんとかしてあげたいと


思ったからなんですよね~。


そんなドッグトレーナーがいてもいいと思っています。はい。


だから、むやみに「シャー」っていうポンポンを単純に


好きになれませんでした。


(スタッフの皆様、ポンポンファンの皆様、ごめんなさい!)


一応、毎日「一日一ポンポン」と決めてだっこしていました。


後半は、だっこだけなら大人しくなったのですが、


下ろすときには「シャー」って言います。


やっぱり、めんどくさい男。。。


最終日のときに、アカデミー生のNシモトさんの娘さんが


飛び入り参加してきたのですが、


なんと、ポンポンは全く「シャー」って言わずに大人しくだっこ


されているし、下ろすときも穏やか~!


さすが、子供って邪念がない!


ドロドロと生きてきた私には到底、ポンポンに認められることはないなぁ。


結局、だっこも下に下ろすのも「シャー」って言わなかったのは


最終日に帰るときの一度きりでした。


「では、お世話になりました!」ってスタッフの皆様と別れを


惜しんでいるとき、またもや視線を感じる。。。


やっぱり、ポンポンか!


あんた、私のこと「シャー」って言うわりには結構気になってるんやん。




ポンポン!絶対に絶対に、元気で長生きしろよ!


最終日には、実は密かにポンポンファンになった私なのでした。



シャー!




ぽんぽん







↓「シャー」と思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
























実はアカデミー二日目ですでに混乱していました(´Д` )

昨日の夜、新千歳空港に無事に到着しました。


ANAのホームページによると、「乗員繰りのため出発遅れ」となっていました。


誰か寝坊でもしたのかな?


ロサンゼルス滞在が一日延長になって、ホテルと朝食、昼食を


ANAから手配してもらったのでラッキーでしたが、


3ゴルが待つ北海道にそろそろ早く帰りたくなってました。


アカデミー始まって以来の珍事だそうです。






さて、アカデミー二日目の記事でチラリと記載していた


「肛門腺しぼり」について、追記します。


実は、「肛門腺しぼり」の体験でちょっとどんよりする出来事が…。


「肛門腺しぼり」はやっている方とやっていない方がいると


思いますし、トリマーさんや獣医さんにお任せの人もいるのでは


ないでしょうか?


私は、長女犬だけシャンプー時にしぼっていますが、あとの二頭は


排便時に排出されているようで特に気にしていませんでした。


アカデミーで学ぶ「肛門腺しぼり」は、私が長女犬に施している方法と


は異なり、「肛門に直接指を入れてしぼる」という方法です。


※手袋とワセリン使用。


最初は、パピーのジェイムスとルシアーノ、Nシモトさんの愛犬クリームを


使って肛門腺の位置を確認しながらじんわりとしぼります。


私はジェイムスのお尻の穴に指を入れたものの、しぼるという感覚が


つかめずにマスミさんに聞きながらようやくじんわり…。


まさに「一番搾り」いただきました♪






そしてここからが難題。


「嫌なことをされたら噛み付くかもしれない」ピーターの肛門腺を


しぼることに。。。


普段から、嫌なことをされたら噛もうとして口を持ってきてしまう犬の保定方法を


お客様に教えている立場である私。。。


ブラッシングや歯磨き、目薬、散歩あとの足ふきなどの方法を教える機会って


意外と多いのです。


嫌がったり暴れたりしたときの飼い主の動きとか、


「ノー」のタイミングなどを犬に合わせて指導するのですが…。


ピーターのリードを渡されてて肛門に手を添えただけで


「わう!」と口を持ってくるので、口輪をして再チャレンジ。


「指を使った肛門腺しぼりテクニック」とみんなの注目を浴びて


「やらなきゃ!」という緊張で


ピーターの「噛む心理」に気づかず、強引にしぼってしまったのです…反省。


口輪をしていたから噛まれることはありませんでしたが、


ピーターにとって「肛門腺しぼりは嫌い」という記憶が残されたかも。


すぐに、マスミさんがバトンタッチしてピーターの心理を説明しながら


見事に大人しいままで絞られるピーター。


いやぁ、反省だわぁ。。。


ピーターの気持ちを考えずに無理やり絞ったこと。。。


しばらくこのことで悶々としていたところ、


スタッフのカオリさんの口から別件で「目的だけに囚われちゃだめです」


という言葉を聞きました。


まさに、「肛門腺をしぼる」という目的だけにとらわれて、犬の心理を


無視しちゃったんです。


「肛門絞り」だけでなく、オビディエンスでも散歩でも「犬の心理」を


読む余裕がなかった私。。。


かなり落ち込みました。


マスミさんがピーターの肛門腺をしぼっている姿は「余裕」が感じられます。


肛門をしぼっているのに、爽やかな風が吹いているって感じ。


ピーターの恍惚とした表情。


「私って何を学びにここまできたんだろう…」


マスミさんがピーターの肛門腺の反対側を置いといてくれたので


リベンジさせてもらいました。


「心に余裕」を持って穏やかに優しく。


一応、反対側の肛門腺は恍惚とした感じでしぼらせていただきました。


ピーター、ゴメンネ。





「余裕がない人」「笑いがない人」「遊びがない人」。


今回のアカデミーで私はずっとそんな人だったような気がします。


「自分をよく見せよう」って背伸びはしないつもりだったけど、


「自分から学ぼう」って気持ちで挑んでいたつもりだったけど。


犬は「人間の余裕のなさ」をお見通しなのですね。


反省…。


アカデミーネタはまだ続きますよ。





↓ 「反省しろ!」と叱りのクリックを。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村



最後にハプニング?

アカデミー最終日。


この日も譲渡会に参加しました。ハバニーズと言う犬種のメイシーという犬が飼い主さん決定。


日本人夫婦がチワワミックスのクリッシーを候補に上げてくれましたが、


夫婦の雰囲気から見てチワワのクーパーの方が良いのでは?としばし検討に。


いずれにしても、家族に迎えられる犬がまた増えそうです。


さらに、ピット系ミックスのスパンキーに名乗りを上げてくれた方が!


リョーコさんがハウスチェックに行って問題点が解決したら、迎えてくれそうです。


スパンキーは小型犬が走っていたりしたら攻撃的になるタイプでとても難しい。


ドッグパークなどには行けないけれど、それでもOKとのことだったので新しい縁がつながりそうです。


譲渡会終了後は、ドッグハウスで質問タイム。


アカデミー生それぞれマスミさんに質問をする貴重な時間です。


ここでもやはり、私の短所、欠点、コンプレックスである部分が露呈して、ちょっぴり落ち込みました…


でも、今回のアカデミー参加の目的のひとつが「自分を見つめ直すこと」だったのでよかったかな…



質問タイムの後は、ドッグパークで「日替わりパック(群れ)」を見ながら、


ドミナントな犬や問題がありそうな犬のチェックポイントを


マスミさんの解説を聞きながら見学しました。


見学したドッグパークはありえないぐらいの広さ!


広いドッグパークはコーナーに追い込まれる事がないから、争い事が少ないので実に羨ましい…


札幌にもやたら広いドッグランがあり、貸切スペースも使えるのでパックを確認するには使えますね〜。



そんなこんなで、あっという間のアカデミー6日間!


最後の夕食で修了証を無事に頂き、マスミさん、リョーコさん、ユウコさん、カオリさん、そしてアカデミー生のNシモトさん、Zキヤマさんと記念撮影!



ドッグハウスに戻って、犬達ともお別れです。


お気に入りのパピー、ルシアーノは無事に譲渡され、お気に入りの成犬、ヒューゴとしばしイチャイチャタイム。


ヒューゴは甘えてスリスリしてくれるし、大きな体をグリグリ押し付けてきて不覚にも涙…


自分の犬以外でこんなにどっぷりと付き合った犬ヒューゴ。


本気で連れて帰りたくなりましたわ〜


検疫には半年もかかるそうな。


ロサンゼルスで生まれ育ったヒューゴを北海道に連れて帰るのは可哀想だもんね。


ヒューゴにはきっとすぐに良い飼い主さんが見つかる予感。


ドッグハウスのみんなも、幸せに暮らしてね。と別れました。



で、ユウコさんが空港まで送ってくれて、夜中の便で飛びたつ予定が、なんと!


飛行機の整備不良で遅延?


そのまま、シェラトンホテルにチェックインさせられて、翌日の昼出発になったのです。


最後の最後でハプニング!


Zキヤマさんとユウコさんとしばし呆然でしたが、これも良い思い出ですね。


予定より12時間遅れで今、新千歳空港に向かいながらこれを書いてます。。。とほほ。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。