スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬時間に合わせる

昨日のブログで「心を育てる」なんて抽象的な文章を書いちまいましたが、

意外と共感される方が多くて嬉しかったです。

「なんとなくわかるんだけど、じゃあ、具体的にどうしたらいいのか…」

犬との暮らしに悩む飼い主さんが求めているのはここ↑なんですよね。

でも、犬はロボットではないので、ボタン一つで心が繋がるわけではありません。

この「具体的に…」を説明するのが、本当に難しいんです。

それは、犬のしつけは「心の中」「目では見ることができない部分」に

作用しなきゃいけないことだから。。。

最近のレッスンでよく使っているセリフですが、

「合図や警告音を出すタイミングは、自分が思っているよりもずっと早く!

迷っている時間があるなら、すぐに行動して犬に伝えて!」とか、

「褒めるときは、【犬がその行動をやろうとした瞬間】がチャンス」とか、

「叱るときも、【犬はその行為をしようとした瞬間】に叱って!」とか。

犬にアクションを起こそうとするときって、後手後手になると全く通じないんです。

犬は人間よりも野生の部分を多く残しているからなのか、

とーーっても敏感!

つまり、心の中の時間の経過が人間とは違って感じているんじゃないかなって思うんですわ。

それが「犬時間(←勝手に命名)」です

すんごく引っ張る大型犬のリードを私が持って歩いみると、

「あれれ?なんで引っ張らないのですか?」と飼い主さんに

驚かれます。

なんで引っ張らないかというと、犬が「引っ張ろう」と動く前に

すでに警告音を出して合図を送っているからなんです。

犬を常に観察しているから、犬の次の行動の前に先手先手で

動いているんです。

この「先手先手」が「犬時間」に合ってくると、犬に自分の意思を

伝えやすくなるんです。

先手先手で犬に伝えられるように習慣化しているうちに、

犬の方から「お!こやつできる奴!」と認めてくれるんです。

犬は認めた相手に注目します。

注目するから、次に伝えたいことが伝えやすくなる…という好循環を

作っていけるんですね。

私が飼い主さんに伝えたいのは、これなんですわぁ!!!!!

先手先手とは、「あんたのことはすべてお見通し!」と犬に伝えているようなもの。

吠える前に吠えさせない!

引っ張る前に引っ張らせない!

悪さする前に悪ささせない!

興奮する前に興奮させない!



なんかもっとわかりやすい例えが見つかったらまた書きます。



↓「犬時間って今後のレッスンで使えそうだね」と企む私にポチっとな。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト

「飼う楽しさ」より「育てる楽しさ」

様々な飼い主さんと出会っているうちに、「犬を飼っている人」と

「犬を育てている人」で違いがあるような気がしてきました。

「犬を飼っている人」は、犬に運動と食事と空間を与えて「体」を育てています。

「犬を育てている人」は、「体」だけでなく、「心」も育てています。

「心」が育っている犬は、飼い主が求めることに対して「打てば響くような反応」を

してくれます。

なにか問題が起こっても、意外とあっさり解決することがあります。

とっても抽象的であり、目で見ることができない部分なのですが、

CalmDogは、「飼う楽しさ」より「育てる楽しさ」を伝えて行きたいと

日々もがき続けています。



↓「なんだか、わかるような、わからないような…」な話でごめんなさい。
 でもぽちっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村









私はここにいまーす!

先日、とあるイベントにおいて、「無料しつけ教室」の講師をさせて頂きました。

『参加してくださった飼い主さんと犬に「すわれ」や「まて」を楽しく教える方法を

レクチャーしてください』と言うのが最初に依頼されたテーマだったのですが…。

元気いっぱいでテンションMAXのワンちゃんがたくさん集まってくることを

想像していた私。


ところが…


参加された方は、「すわれ」や「ふせ」などを教えるずっと以前の問題を持つ

飼い主さんとワンちゃんが大半だったのです。



・リードをつけたことがない。

・地面に下ろしたら怖がって飼い主さんにしがみついてしまう。

・ハウスから出せない。

・地面に下ろしたらおしっこをかけまくってしまう。

・飼い主さんに抱っこされたまま固まっていて動かない。

・外に出たことがない。

などなど。



急遽内容を変更して、「お悩みの個別相談」に特化した時間をとることにしました。

私が教える分野は「すわれ」や「まて」などのトレーニングよりも、

「飼い主さんの接し方」に関することが主なので、私にとってはラッキーといえば

ラッキーな展開だったのですが…

もちろん、強引に「すわれ」とか「まて」を教えることもできたかと思いますが、

恐怖で固まっている状態の犬にそれはちょっと酷なお話。

まずは、飼い主さんに「この犬がなぜこんな状態になっているのか」を

わかりやすく説明して、今後の接し方についてアドバイスをしました。

今回のイベントの「無料しつけ教室」のチラシを見て、藁にもすがる思いで

参加されたのでしょう。。。かなり深刻な状態の犬もいましたし、

飼い主さんも「困っているんです…」とお悩みの様子。



しかし、正直言って「しつけ教室」では限界があるのです。



飼い主さんに抱っこされたままほとんど動かない状態の犬がいたので、

「自宅ではかなり興奮状態ではないですか?」とお尋ねしました。

飼い主さんはかなり深刻な表情で、「自宅では興奮して走りまわり、

甘噛みがひどくて、正直困っています」と答えられました。

その犬の表情は、自宅での興奮から想像がつかないぐらい生気がなく、

まだまだパピーなのに心に重りがついているかのような顔でした。

この状態をイベントのしつけ教室で解決するのは正直言って難しいのです。

先日のブログでも書きましたが、しつけの問題は自宅の環境や

飼い主さんの日常の接し方に問題が潜んでいる場合がほとんどだからこそ

私は「出張レッスン」にこだわっているのです。

もちろん、参加してくださった他の半分のワンちゃんは元気いっぱいで

「すわれ」や「まて」の教え方を楽しみながらやってもらいましたが、

それ以前の問題のワンちゃんの場合は、「相談にのる」のが限界。

「なんとかしてあげたいけど、ここではなんともしてあげられないの。」と

本当に悩ましい時間を過ごしましたわ…。



CalmDogを知り、出張レッスンを依頼してくださる受講者の皆様は、

クチコミや紹介で来られる方が多いのですが、最近増えてきたのは、

「かなり悩んでネットで調べていたら、たまたまブログを見つけ、

読んでいるうちに、ぜひ来て欲しいと思った」というパターンです。

今回のイベントに参加してくれた深刻な飼い主さんに、名刺でも渡して

宣伝活動をすることも一瞬考えましたが、やめました。

「できれば、出張で来てもらえるドッグトレーナーに見てもらった方がいいですよ」

と助言だけはしましたが。

なぜなら、飼い主さんが「事態の深刻さ」に気づき、自分の力で悩み、

自分の力で行動して、最終的に私のレッスンにたどり着いて欲しいからです。

もちろん、私ではなく他の出張ドッグトレーナーにたどり着いてもいいのです。

とにかく、飼い主さんの意思で行動を起こして「出張レッスン」の存在を知って欲しいのです。

私は広告も出していませんし、「誰か紹介してね」と声かけもしません。

悩める飼い主さんが、自力でたどり着いてこそレッスンの価値があるから。



誤解があってはいけないので書いておきますが、「しつけ教室に意味がない」

ということではありません。

今回参加してくださったお客様の中には、しっかり楽しんでおられた人もいますし、

犬自身も社会化とマナーを覚えて満足そうでした。

しつけ教室は社会化を育みますし、飼い主同士での交流も生まれるし、

良いこともたくさんあります。

しかし、それ以前の問題をはらんでいるのであれば、やっぱり「出張レッスン」で

飼い主さん自身の「犬への知識」を深めてもらうことが最優先です。



今回のブログのタイトル「私はここにいまーす!」は、愛犬の問題に気づき、

思いっきり悩んで、調べて、CalmDogにたどり着いて欲しいという思いの現れです。




↓「なんだかんだ言って、宣伝じゃないの?」とほくそ笑んだあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
































創意工夫が実を結ぶ

レッスンを依頼してくださるお客様の中にはとてもユニークな方がたくさんいます♪

最近のイチオシは、「100均グッズで大型犬用のハウスを作ったパパさん」。

レッスンにお伺いして実際に目で見るまでは、「大型犬なので、できれば丈夫な既製品に

買い換えてもらった方がいいかな?」と懸念しておりました。

レッスンに伺うまでに期間が空いていたため、「できることから先にアドバイスしますので

ハウス環境の写真を送ってください」とメールでやりとりしていました。

写真で送られてきたハウスに色々と注文をつけ、「犬の本能に基づく形」に

改良をお願いしました。

いざ、レッスン当日に、パパさん手作り「100均ハウス」を見てびっくり!

あちこちに創意工夫がされていて、既製品のハウスよりも機能性に優れていたのです。

「ケージに可動式サークルとトイレを組み合わせた快適空間」です。

サークル利用はあまりお勧めしていないのですが、パパさんの「可動式サークル」は

使い方によっては、犬の悪い習慣をやめさせるのにうってつけです!

トイレは、ケージ内トイレとリビング用トイレを兼用できるすぐれもの。

手作りの場合は、「破壊行動」を経験させる危険性があるので

心配していたのですが、作りもしっかりしているし、落ち着きがでてくる月齢まで

過ごす空間としては十分なようでした。

また、どんなに工夫されていても、犬に人間が意図しない意味を伝えてしまう可能性が

ある部分があれば、しっかり指摘もしています。



しつけやトレーニングって「創意工夫」が不可欠だと思います。

私も3ゴルがパピーの頃は、「いかにして穏やかな性格を育むか…」を

考えながら、ハウスの構造や向き、立地を研究したものですわ。

ハウス作りなどの「環境の創意工夫」だけでなく、

「どうやったら、この犬に的確な“ノー”が伝えられるのか?」

「どのタイミングで、どんな“イエス”を伝えたら、犬が褒められたと感じるのか?」

など、犬とのコミュニケーションも、犬によってみーんな異なるのですから、

飼い主さんが創意工夫して欲しいのです。



CalmDogができるのは、「犬の個性を見極めながら、本能に基づいた

何通りもの方法をお伝えすること」ですが、そこから先は、24時間一緒に

過ごしている飼い主さんが、「あーでもない、こーでもない」と

こねくり回していくうちに完成されていくのです。



次回のレッスンで、また新たな改良がされているかも。。。

楽しみだわ♪


↓「100均で大型犬のハウスはすごいね!」と思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。