スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と仲良くなる

昨日はしつけ教室の予約がなかったので、お店のボーダーコリーの


トレーニングを頼まれました。


トレーニングといっても、いきなり何かをするわけではなく、


とりあえずは、その犬と仲良くなることから…。


ハウスから出す瞬間から、私と犬の関係が決まります。


フレンドリーで興奮しやすい子なので、最初の出会いの時点で


興奮させないように対応。


「飛びつきがひどい」と聞いていましたが、


飛びつくこともなく、私の目をちゃんと見て「私」という人間を


探っています。


会っていきなり「きゃあ、かわいい!お友達になりましょうね~」と


高い声で叫ぶよりも、まずは冷静に穏やかに「私」を教えてあげる。


「興奮しても相手してもらえない」を伝えてから連れ出すと


意外とすんなりアイコンタクト。


これは、日頃の出張トレーニングのときでも使っている方法です。


「興奮がひどいのです」というワンコは、飼い主さんの接し方に


「興奮の要素」が詰まっていることが多いのです。


冷静に穏やかに「最初の一歩」を踏み出せば、「こやつ興奮が通じない」と


察知してくれるのが犬のいいところ。


「大喜びさせて、興奮させること」が仲良くなることではないと思うのです。


少し一緒に過ごしてみてから、我が家の長女犬と挨拶をさせてみました。


このワンコ、コマンドは聞くんだけど、ものすごーい「犬好き」。


うちの長女犬にしつこいぐらい匂いを嗅ぎ倒しています。


長女犬が「嗅ぎすぎでしょ?」と嫌がるそぶりをみせても


「いいから、いいから」としつこいしつこい。


「もういいよ」と私がシャットダウンしました。


今日一日で、すこーしだけボーダーコリー君の動きがわかったので


次回は「犬より人間と遊ぶほうが断然楽しいんだぜ~」を教えてあげようと


思います。


ふふふ。楽しみが増えたわ~♪


↓「興奮をさせながら接していたかも…」と気付いたあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵付きさんへ

ありがとうございます~!
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。