スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜひ取り入れたい!イエロードッグプロジェクト

156474_506619469362550_228557718_n.jpg


知り合いの訓練士さんがフェイスブックに貼っていた記事を拝借しました。


様々な理由で「そってしておいてほしい犬たち」のリードに


黄色いリボンをつける


「イエロードッグプロジェクト」というそうです。



うちの3頭のゴールデンは、攻撃的でもないし、散歩中は特にトレーニングも


していません。


しかしっ!


この「イエロードッグプロジェクト」には多いに参加させていただきたい!


リードに黄色いリボンをつけて、「フレンドリーの度が過ぎますので


近づくときは声をかけてください!」と訴えたいと常々思っていました。


皆様は他人の犬に接するときに「ちゃんとしたマナー」を考えて


接していますか?



いきなり、「きゃあ!可愛い!」と飼い主の許可なく走り寄ってきて、


興奮状態のままで犬の頭の上から手を差し伸べる。


犬が喜んだからといって、ひっくりがえしてお腹を撫でてもっと興奮させる。


手を離したら犬が「もっともっと!」と強要するからと、


「はいはい♪私のことが好きなのね~」とさらに興奮させながら触る…


フレンドリーな犬にこれを繰り返してみてください。


他人に対する遠慮もあって、飼い主さんを引きずりながら駆け寄る犬に


叱りつける余裕もありません。


「きゃあ!また会ったわね~」と触りまくる他人に


すっかり「興奮を肯定される犬」。


「興奮の肯定」を繰り返した犬は、立派な興奮犬へと育っていきます。


「CalmDog」を受講された方で気付いた方がおられると思いますが、


私はお客様の家に入ってから最初から最後まで、お客様の犬を


可愛がりません(笑)。


受講される方の犬の大半は、「興奮を肯定」されて育っています。


だから、思いっきり「興奮を否定」しながら入室します。


「あれ?この人、なんで僕を可愛がってくれないの?」と思わせて


私に一目おかせるところからスタートします。


興奮状態でしつこく絡んでくる犬の場合は、飼い主さんと犬の関係が明らかに


見えてきます。


他人に「興奮を肯定」されてきた上に、飼い主さんは「興奮を否定」


することに遠慮を感じているのですね。


「他人様がうちの犬が喜んでいる(本当は興奮している)のを


楽しんでいるから、無視してくださいって言えないわ…」って


思っているのか?


はたまた「あら、うちの犬って本当にフレンドリーだわ。


このまま喜ばせてあげましょう」と思っているのか?


興奮を肯定されればされるほど、犬の興奮状態はエスカレートします。


「興奮=喜び」ではありません。


「興奮」は、他人様の動向に対する「挑戦」です。


他人の「可愛い」と叫ぶ「興奮」が犬に移行して、


一緒に興奮しながら「こいつ、なんとかしてやろう…」と企んでいる


可能性もあります。


実は、私にもこんな経験があります。


以前飼っていた34kgもあるオスの大型犬。


とってもフレンドリーで、他人でも喜んで触らせる犬でした。


毎朝の散歩コースに、かなりの犬好きのおばあさんがいて、


うちの犬にあったら必ず「きゃあ!可愛いね~!」と叫びながら


駆け寄り、いきなり体を鷲掴みにしてわしわしと触り、


最後にはひっくり返してお腹を触りながら興奮させるのが日課でした。


子犬の頃からずーっとそうやってきたので、私はてっきり、犬は


おばあさんの事を好きなんだと思っていました。


ところが、だんだん、興奮しながら触られるうちに犬の声が


「唸り声」になってきたのです。


おばあさんもだんだん怖くなってきたようで、最後には触れないぐらい


恐ろしい唸り声になっていました…。


そのおばあさん以外の人だと全く唸り声をあげないのです。


おばあさんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。


おばあさんに会ったら、「唸るからごめんなさい」と


触ることをお断りするようにしたのです。


今にして思えば、


会うたびに「興奮を肯定」されているうちに、だんだん、


「興奮=苛立ち」のスイッチに切り替わっていたのかも…。


子犬の頃から、「こんにちわ」とまず飼い主である私に声をかけて


そっと横向きに近づき、興奮させないように穏やかに接してくれる方には


その犬も穏やかに接するのですが、いきなり触りにくる方には


「危ないですよ」と言いたくもないセリフを言わなければならなくなったのです。


他人の犬を触る時には、マナーを持って接してあげるのも大事です。


「犬のしつけ」は、飼い主個人だけでやるのではなく、社会全体で


やる必要があると感じています。


先日、秋田犬のリンガのパパさんが、「地域ぐるみで犬のしつけを共有できたら


いいですよね」とつづやきました。


それってありかもしれませんね~。


↓ 「イエロードッグプロジェクト」に賛成!と、思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村



↓ こちらにも注目です。今回のブログの内容も踏まえてお話する予定です。
 
 開催は明日ですけど…えへへ。

「おさんぽクラブ ~犬との接し方~」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近テンション高くやってくる人もには
この犬かじりますよ!と言ってます(笑)

きなこさんは喜んでしっぽ振って
触ってくれるのを待ってるですけどね~

あのテンションでこられたら、
怒ってチョークかけなくちゃならなくて
気長か可哀想になるんです(泣)

No title

「イエロードッグプロジェクト」とても良いですね。
いちいち口で言わなくても、黄色いリボンでわかってもらえるのは
飼い主としてもありがたいですよね。

どの子もフレンドリーではないのですから・・・。
先代犬はとっても怖がりだったので~知らない人にいきなりなでられるのもストレスだったはず。
その度に「ごめんなさいね~うちの子ビビリだから~」と
そそくさと逃げ去ったものです(アハハ・・・)

ウィルは逆に撫でて欲しくて~ウハウハしちゃいます(汗)
きちんと「撫でて良いですか?」って聞いていただけると、
ウィルもちゃんとお座りしてナデナデしてもらえるので
嬉しいですね。

こんな当たり前のことも普通はなかなか気づかないと思います。
先生のお陰で気づくことが出来た私達は幸せ者ですね~(^^)v

え・・・きなこたん、かじるんだ~(爆)

ぷーこさんへ

ぷーこさんちのきなこ嬢も同じく、「他人に興奮を肯定されちゃった犬」ですね。私はきなこ嬢を可愛がった記憶が全くありませんが、きなこ嬢はちゃんと私を慕っています。つまり「触る倒すこと」だけが可愛がる事ではなく、その場その場のルールを態度で示すことも愛情なのだと思います。きなこ嬢にはそれが伝わっているのですね。まったく、かわいいやつだぜ~♪

興奮して近づく人に「かじります」もナイス作戦ですね。私は次女犬にわざと口輪をつけて「かみます」をアピールしていた時期もありました(笑)。他人に興奮させられても叱られるのは犬です。それは可哀想だもんね…

雪んこさんへ

犬によっては、いきなり触られると噛み付いてしまうこともありますよね。でも噛まれた責任は、触った人間ではなく噛んだ犬とその飼い主にある…なんだか理不尽です。人間だって人見知りする人もいるのでから、犬にだって急に触られるのを苦痛に思う子もいるはずですよね。飼い主さんがその犬を隠すように「うちの子びびりだから」とさっていかなければならない気持ちはとても辛いし、犬はもっと辛いと思います。
ゆっくりじっくり社会化したくてもこれではできないもんね。
ウィル君はフレンドリーだけど、やっぱり触る時はマナーを守って欲しいと願いますよね。わかるわ~。

No title

こんばんわ。
初めて 知りました。『イエロードックプロジェクト』
広まって ほしいですね。
私も 今日公園で おいでと言って手を広げた男性に
悪かったけれど 興奮しますと言って断わりました。

言葉で言わず わかってくれたら 楽ですよね。


北斗ママさんへ

うちもそうです。ゴルは人間が大好きなので、遠くから呼ばれたら大喜びになってそりゃもう大変!だから、無愛想な顔で歩く習慣がつきました(笑)。「きゃあ可愛い」って声が聞こえたら必ず反対方向を向いたまま「聞こえないふり」を通します。昔から何度も「トレーニング中です。話しかけないで」って書いたタスキをかけたいって思っていましたが、このプロジェクトを見て「これだぁ」って思いました。家庭犬だけでなく、仕事中の盲導犬にも話しかける人がいるそうですよ…。非常識すぎますよね。
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。