スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘噛みについて考えてみましょう♪

バーニーズ専門犬舎の「ドッグスバズ」さんから、


パピーの甘噛みで困っているお客様を紹介していただきました。


バズママさん、いつもありがとうございます~♪


↓ バーニーズのブリーダーさんです。
 犬質が高くて惚れ惚れするようなバニパピーを
 繁殖されていますよ。お勧めでーす!

ドッグスバズbyビィブロスケネル



今回のご相談は、ご夫婦とお子様1人のご家族で飼われている


バーニーズのルディ君(3ヶ月)の「ものすごーい甘噛み」です。


ご自宅を伺ったところ、ハウスの位置もトイレの設置も理想的!


とっても良い環境ですくすくと育てられている様子。


ルディ君、幸せですね~♪


ハウスの中には「子グマですか?」と聞きたくなるような


ダイナマイト級に可愛い3ヶ月のルディ君がチョコンと


座っていました。


普段のレッスンでは、飼い主さんのやるべき事の「座学」から


入りますが、今回はあえて、いきなり実践です。


相談内容が「甘噛み!」と明確だったのでね。




飼い主さん夫婦は、これまでいろんな方法で叱ったり褒めたりで


なんとか甘噛みを治そうと努力されたそうですが、


だんだんエスカレートして、唸り声をあげるようになったとか…。






さてさて、「パピーの甘噛み」の背景には、「興奮」が隠されています。





見えている現象「甘噛み」だけに対応しようとするなら叱ったり、


犬が嫌がる事をしたりして辞めさせますが、


もっと大事なのは、見えていない現象「興奮」を


コントロールする必要があるのです。


さらに、ルディ君は飼い主さんとの共通言語である「イエス」と「ノー」を


理解できていないので、どんなに叱られても「叱られているという意識」が


なく、「遊んでもらっているんだぁ」と勘違いしてますます興奮していた


可能性がありますね。



つまり、飼い主さんの意思とは別の事がルディ君に伝わっていたのです。


唸り声をあげてしまうのは、かなりの興奮状態だからでしょう。




「興奮のコントロール」は、ルディ君をハウスから出す時が勝負。


ルディ君には、ハウスの中に「興奮」を置いてきてもらいましょう。


「興奮」していない状態でルディ君をリビングに迎えます。


まだまだ好奇心旺盛で怖いもの知らずなルディ君は、私に「遊んで」と


仕掛けてきますが、ルディ君からの先制攻撃の甘噛みを「犬語」で


うまく交わしながら、私のペースに持っていきます。


パピーの鋭い牙でアムアムしてきますが、叱らず、怒鳴らず、痛いこともせず


「ルディ君の意思」で噛むことをやめさせました。


さすが、お利口ルディ君。私が「やって欲しくない」ことをちゃんと


理解してくれて、甘噛みをほとんどすることなく遊び始めます。


時々、思い余ってかんで来たらその都度、私から「嫌なんだよね」と


態度で示す。


その繰り返しです。


ルディ君のパパさんとママさんには、この「犬語」の「嫌なんだよね」を


練習してもらうことにしました。


さらに、おやつとぬいぐるみのおもちゃも使って、人間の手を噛むことよりも


もっと楽しい遊びを教えながら、「遊びの中のルール」を伝えます。


この方法は、「穏やかな成犬が甘噛み期の子犬をあやす姿」を真似ているのです。


後日、動画を探してみますね。


私は「甘噛み」は悪いことではないと思います。


むしろ、「ルールを教えるチャンス」に利用できると思っています。


ルディ君はぬいぐるみのおもちゃと美味しいおやつに興味があるので


「ルディ君の好きなこと」を上手に使い分けながら、遊んであげてください。


その後は、「パピーのうちだからこそやっておきたいこと」について座学を


聞いてもらいました。


心が真っ白なパピーの時こそ、飼い主がやっておくべきことがたくさんあります。


のんびりしていたら、あっというまに大きくなってしまいますよ。


素晴らしい骨格と性格の良さを持ち合わせているルディ君。


パパさんとママさん、そして可愛いお嬢さんの協力で良い犬に育ててあげてくださいね。


ルディ君はさらにやんちゃな時期を迎えます(笑)。


困った事があったらいつでもメールでご相談ください。


どうしても無理な場合は、どこか間違っている部分があるかもしれませんので


しつでもSOSを♪







私が歴代飼ってきた犬の中で、「パピー期の甘噛み」がひどかった犬が


一頭だけいます。


それ以外の犬は、まったく甘噛みをしませんでした。


甘噛みがひどかったのは、長女犬です。


そりゃもう、手に穴があくほどの強さでガブガブ噛んできます。


最初は、叱っていましたが、全く治りませんでした。


そんな時に一番参考になったのは、「犬同士の遊び」です。


噛み付く度合いが強すぎた時に噛まれた犬はどんな態度を示しているのかな?


人間との共通言語を持たない犬。特に子犬の頃は意思の疎通が


全くできない時期です。そんな時こそ、犬同士の関係を参考にして


対応すべき。


人間はいつも時間におわれているので、ついつい「叱る、褒める」で


解決しようとしてしまいがちですが、「急がば回れ」です!


先読みして「興奮」を沈めること。


コマンドではなく、態度で犬に伝える方法を身につけること。


子犬の好きな道具を使って「遊び上手」な飼い主になること。


そうすれば、犬との関係がもっともっと近づくと思いますよ。



↓ 「甘噛みの対応って子犬とのコミュニケーションだよね」と思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【甘噛みについて考えて】

バーニーズ専門犬舎の「ドッグスバズ」さんから、パピーの甘噛みで困っているお客様を紹介していただきま

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはv-8

ルディの訓練ありがとうございました!
そして、骨格等も褒めて頂き、嬉しいです!
そして、そして、我が家の犬舎まで(笑)

又、他の兄弟もお願いするとおもいます

その時も宜しくお願いします。

バズ母さんへ

いつもありがとうございます♪
バズ父さんともお会いできてとってもハッピーでした。ケリーさんの話も聞きました(涙)。。。
ルディ君、とーっても良い子です!まるでぬいぐるみのようにふかふかでした。頭も良くて、こちらが「嫌なんだよね」と伝えたら最後には口を話してくれます。ルディ君のパパさんもママさんも今が勝負ですね。ルディ君の「遊んで噛み噛み攻撃」を上手にかわせるようになるといいのですが…。甘噛みは時間はかかりますが、犬によっては経験する道でもあるので、乗り越えるのみ!
他の兄弟姉妹ちゃんもぜひぜひ♪嬉しいです♪
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。