スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠方からのお客様♪「学ぶのは飼い主です」

先日、我が家でレッスンを受けたお客様(Uさん)は、


なんと、飛行機に乗って関東から来てくださいました!


CalmDogのホームページとブログの内容を読んで、「ぜひ会ってお話がしたい!


ぜひ飼い主学を直接聞きたい!」とのこと。。。


最初は、「動画を使って電話での遠隔カウンセリングでも良いのでは?」と


ご提案させていただきましたが、「どうしても行きます!」と嬉しいお返事。


遠方のため、ご自分の愛犬を置いて「犬なし」での参加でしたので、


私の方でも、時間をたっぷりとって「飼い主学」を学んでいただけるように


心構え万全で挑みました。


Uさんの愛犬は、大型犬一頭と小型犬一頭でどちらも1歳のオス。


大きな問題行動があるというよりも、「もっと犬との付き合い方を知りたい」


ということと、「ドッグトレーナーという仕事にも興味がある」ということです。


カウンセリングをしながら、「犬と接している24時間」をヒアリングしながら、


環境、接し方、散歩、声のかけ方などなどを細かくアドバイスさせて


いただきました。


この日の北海道は「猛吹雪」でしたが、飼い主学を学んだあとは、


我が家の3ゴルを使ってリードコントロールをお勉強です。


Uさんにとって初めての北海道で、これほどの吹雪の中でトレーニング…。




最初は「初心者向き」の長女犬のリードを持ってもらって、


リードのコントロールのやり方次第で、犬の扱いが楽になることを


実感していただきます。


長女犬は素直な性格をしているので、リードを持った人(ハンドラー)に


主導権を委ねてくれる犬。つまり「主導権を握りやすい犬」なのです。




続いて、「中級者向き」の三女犬が登場。


三女犬は、うまくコントロールできない人がリードを持つと


すぐに「人を読んで」コントロールしにくくなる傾向があります。


私がわざとボールを振り回したり、犬の名前を呼んだりして


刺激を与えてみながら、「どうすれば引っ張られないか」


「どうすれば犬に引っ張るなと伝えられるか」を


実感してもらいます。


Uさんが三女犬の行動を「先読み」しなければ、あっという間に


犬が勝手な行動をするので、「先読み」の練習にもなりますね。





そして、「上級者向け(笑)」の元気犬、次女犬のリードを


持ってもらったところ…なんと!


「元気犬の次女犬が一番しっくりきました」とのこと(爆)。


私の想像では、元気で興奮しやすい次女犬のコントロールに


苦戦するUさんをイメージしていただけに、ガッカリでした。


確かに、Uさんが次女犬のリードを持つと、次女犬はUさんの顔を


しっかり見上げながらUさんの歩調に合わせて歩いていました。


「他人の犬」であっても、ポイントを押さえれば上手に歩けるって


気づいてもらえたと思います。


もし、Uさんが将来ドッグトレーナーになれば、あらゆる犬のリードを


持つことになると思いますが、基本はみーんな同じ!


姿勢、リードも持ち方、目線、気持ちの持ち方などに気をつけておけば


どんな犬でも扱えるのです。


犬にも個性がありますので、コントロールをなかなか受け入れない犬も


いますし、変な癖がついてしまっている犬もいますが、


コントロールする側の人間が「何があっても私の主導権に従いなさい」


という気持ちで挑むことが大事なのです。


犬のコントロールは「コツ」も大事ですが、「やるかやらないか、継続」が


一番大事なのですね。




Uさんの飛行機の時間が迫ってきたので、再び猛吹雪の中を駅まで見送りました。


ぎりぎりまで「飛行機が飛ばないかも…。」とハラハラしましたが、


空港でかなり待たされつつも、無事に関東に帰っていかれました。







帰宅後しばらくして、早速メールがきました。







「環境を変えてみたところ、吠えが激減しました!」と嬉しい報告です。


散歩の仕方も変えてみると、以前よりも落ち着いてきたそうです。


ほかにも、「これから友人を自宅に迎えるのですが、注意すべき点を


教えてください」と質問もきましたので、細かくお答えしています。


結果をまた聞かせてくださいね。


吠える、引っ張る、問題行動を起こす犬がいたら、


「叱って犬を訂正する」のではなく、「人間が犬に歩み寄って原因を


取り除き、犬が問題行動を起こさなくても良い方向に導く」気持ちで


挑んでみてください。


必ず「飼い主側」に問題点が潜んでいるのですから。





Uさん、遠いところをありがとうございました。


「犬なし」での飼い主トレーニングは私にもとても勉強になりましたよ♪


いつか、愛犬も一緒に北海道に来てくださいね~♪




↓ 「やっぱり飼い主が学ぶべきなのね!」と実感したあなたはクリックを!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはー(^^)

なんと今日!大和が散歩中にすれ違ったワンコをスルーしましたっ!
スルーした後にどや顔でこっちを見てきて…めっちゃ可愛いかったですぅ(*^^*)
蘭丸も食後はゆっくりと休憩しているようです(^^)
飛行機にはちょっと焦りましたが…得る物が沢山あった、北海道弾丸一人旅でした^^;
3姉妹ちゃんにも協力してもらいありがとうございました(*^^*)
蘭丸と大和を『スーパー家庭犬』に育てるべく奮闘していきまーす(^O^)/
あっ!帰ってから、犬連れて行くのにはどのルートがいいか?みたいなこと調べちゃってます^^;
その時はまたよろしくお願いしまーすm(_ _)m


蘭丸&大和ママへ

北海道弾丸ツアー、無事に帰宅できてほっとしましたね。もし飛行機が飛ばなかったら、もう一度うちに来てもらって「除雪体験」ってのもありでしたが(笑)。
大和君も蘭丸君も、ママさんの変化にしっかりついてきていますね。基本である「土台」をしっかり立て直せば、ディスクや競技会に繋がっていきますよ、ぜったい!私も次女犬に苦労したけど、「土台」を見直して付き合い方を変えれば、今では一番可愛い子になっちゃったかもしれません。
関東からなら、夏を避けてフェリーで来るか、飛行機で来てレンタカーかなぁ。でも飛行機なら蘭丸君がだめだもんねぇ…。なんとか頑張って「第二弾!弾丸ツアー」を決行してくださいね~♪

No title

私も北海道に行こうかと思ってました、札幌に取引先もあるし
挨拶兼ねて・・・なんて思ってましたよ。

やっぱり飼い主なんですね~昨日はラブラド-ルを飼っていたご近所
さんがヒデヨシに会いにきてくださりました、マウントしそうになったので、
やめさせました。

その方はいいのよって言ってくださいましたけど、やっぱり癖になったり
子どもを押し倒したりする原点になってはいけないなと思い、そのことを
伝えました。

今日は久しぶりに玄関から入ってこようとした母に吠えました、人が
来たことを知らせたんだから、いいのよって言われましたけど、これも
癖になるといけませんからね~注意していかないといけませんね~

ヒデヨシ母さんへ

こんばんわ。私もヒデヨシ母さんに会ってみたいわ~。札幌に来ることがあったらぜひぜひ♪

マウンティングも吠えも「今日はいいけど明日はだめ」は犬には通じないので、正しい対応ですね。ちょっと気になるので、マウンティングの際の様子を詳しく知りたいな…よかったらメールで状況を聞かせてもらってもいいですか?他の犬への対応の動画が見れると一番いいのですが…。
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。