スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬が苦手な人を優先して考える

先日、はるばる関東から来て受講してくれた「Uさん」。


メールで近況報告を受けたり、質問にお答えしたりしながら


犬たちの反応を随時観察してもらっています。





Uさんより、「友人夫婦と小さな子供が遊びに来るのですが


以前は興奮してギャン吠えしていました。今回の注意点は…?」と


質問がきました。


遠隔カウンセリングなので、犬達が何を理由に興奮しているのかまで


見ることはできませんが、Uさんから聞いていた犬達の特徴を元に、


(1)まずは犬のために環境を整えてあげることが第一!

(2)続いて、犬達の反応に対する飼い主さんの対応について!

(3)お客様夫婦とお子様に「トレーニング中であること」を伝えて

   犬達が興奮しないような対応をしてもらってください。


の3点をお願いしました。



犬にとって来客の存在は、非日常な出来事です。


だからこそ、いつも以上にケアしてあげることで「安心」を


与えてあげたいですね。


さらに、飼い主さんが「主導権」を握って対応しなければ、犬は不安に


なって余計に興奮します。


そして、来客の方の協力も不可欠です。


犬がいるお宅にお邪魔するときって、「きゃあ、かわいい!」と


駆け寄ってしまったり、犬を凝視してしまったりするのは御法度です。


自分のテリトリー内に興奮状態の人間が入ってくることって


犬にとって「なんだなんだ!なんとかしなきゃ!」と迎え撃ちたくなるので、


まずは無視が大事。


フレンドリーな犬であれば良いのですが、他人に馴染むのに時間がかかる


犬だっています。


まずは、そっとしておいてあげること。


しばらくすれば、他人の存在に慣れて納得してくれるはずです。


今回の来客さんのうち、旦那様は「犬が苦手」なのだそうです。


「犬が苦手」な方にとって、室内に犬がいるだけでドキドキしてしまいます。


私は小さい頃からずーっと犬と暮らしてきたので、犬が苦手という人の


気持ちをわかってあげることがとても難しかったのですが、


トレーナーの仕事を初めてからは、「犬が苦手な人を優先して考えてあげよう」と


思うことにしました。


「犬が苦手」という人を基準に物事を考えれば、犬を飼っている人間が


やるべきことは、「周りに迷惑をかけない犬にすること」つまり「しつけ」に


積極的になれると思うのです。


今回の目標は、「犬が苦手な来客さんが、また来たいと思わせたい」です。




そして、昨日の夜、Uさんから報告がきました…



最初の数十秒は吠えてしまったものの、あとは最後まで興奮せずに


大人しくハウスで過ごしていたそうです♪


「他人に興奮してしまう犬」と「犬が苦手な来客さん」の双方が


お互いを尊重できたのですね~。


そして、他人に興奮してしまう大型犬の方は、ハウスの中から


来客さんをガン見することなく、飼い主のUさんだけを目で追っていたり、


途中でスヤスヤと眠ってしまったりできたそうです。


そして、犬が苦手な方が、「こんな感じなら全然大丈夫」と


言ってくれたそうです。


Uさん、よかったですね~♪


今回は、「犬」も「飼い主」も「来客」も、お互いのスペースを邪魔することなく


穏やかに過ごせた良い例です。


なによりも嬉しいのは、Uさんが「犬達にムリさせないように、


慣れていってもらえれば…」と感じてくれたことです。


ただ、叱るだけでもダメ。ただ、なだめるだけでもダメ。


犬が「ママがいるから大丈夫。安心して迎えられるよ」と


感じられるように導いてあげることが大事ですね。


頭で考えるトレーニング理論を超えて、


心で感じることができた…そんな嬉しい報告でした。



↓ 「犬にとって、来客は非日常…そういえばそうだよなぁ」と
  思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

飼い主が先読みすれば、犬は応えてくれると実感できました(^^)
それと、『お母ちゃんについてきなっ!』的な肝っ玉母ちゃん魂も必要なんですね( ̄▽ ̄)


蘭丸&大和ママさんへ

こんにちわ~♪このたびは、無事に「鍋パ」ができてよかったですね。
犬は教えてもらったことしかできませんし、自分で判断して行動することも「よかれと思って」やってしまう動物です。だから、飼い主が先読みして誘導してあげれば、納得して従うことができるのです。
飼い主さんが「正しいことは正しい!」とブレずに対応してあげれば犬は安心して主導権を預けてくれますよ~!
次の「クリパ」も頑張ってくださいね。
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。