スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社交ダンス風に「あとへ」♪

CalmDogのレッスンは、「飼い主と犬との関係」を


より良くするための「接し方」や「考え方」を飼い主さん自身に


学んでいただくことを中心としています。


まずは、「しつけ」と「訓練・トレーニング」の違いを理解してもらい、


「今、犬に必要なことは何なのか?」を知って欲しいのです。


例えば、ハウスからの出入りにもちょっとコツを掴めば、


「飼い主さんを尊重」できるようになるなど、日常の24時間で


使える「しつけ」をお勉強してもらっています。


日常の24時間で「主導権」を握ることができれば、


今度は「訓練・トレーニング」に進みます。


初回カウンセリングでは、「しつけ」の部分がメインになり、


2回目以降のフォローレッスンでは、飼い主さんの希望によっては、


「しつけ」部分が半分で、残り半分は「訓練・トレーニング」のうちの


「基本的な課目」を学んでもらうようにしています。




パピートレーニングからお伺いしているビションフリーゼのレオ君も


日常の「しつけ」をお母様に学んでもらい、ハウスレストで吠えない


犬に仕上げてもらったり、ビションの命でもある被毛のお手入れに


ついて学んでもらったり…。日常の問題行動が起こらないように


ご指導させていただきました。


レオ君は、お母様の目をしっかり見られる犬に育ってくれました。


さらに、お伺いするたびに、少しずつ「課目の入れ方」を説明しておいたので、


レオ君は、パピーながらも「お座り」「伏せ」「待て」「おいで」を


楽しくお勉強してきました。


もちろん、「課目」を教えるのは飼い主のお母様です!


私は、ハンドリングの仕方と、その課目を入れる「意味」を


説明するだけで、あとは飼い主であるお母様への宿題♪


「とにかく、楽しく遊びながらやってください」とお願いしました。


まだまだ若いレオ君は、課目を覚えるスピードも早いので、


後半のレッスンでは、「あとへ(脚側停座)」まで教えました。


犬の「訓練」に心得のないほとんどの飼い主さんは、「スワレ」の位置は


「飼い主の正面で良い」と思っていますよね?


犬の「訓練」を少しでもたしなんだ方は、犬の座る位置は


「飼い主の左側(脚側停座・きゃくそくていざ)」だと知っているはずです。


脚側停座のコマンドは、「あとへ」または「つけ」、「ついて」、「ヒール」で


教えます。


「スワレ」を常に正面でさせるよりも、「あとへ」で自分の左側に


犬を座らせる方が何かと便利なのです。


ついでに言えば、「あとへ」のコマンドは左側に座らせることを


意味しているのではなく、犬に「左側についてきなさい」という意味。


つまり、「あとへ」のコマンドをかけられた犬は、飼い主が


立ち止まっていたら左側で座っていなければならない(脚側停座)し、


飼い主が動いていたら、左側にくっついて


一緒に歩かなければならない(脚側行進)のです。




レオ君は、課目を覚えるスピードが早かったので、思い切って脚側停座と


脚側行進の基本部分だけ教えてみました。


「あとへ」で犬を飼い主の左側にこさせるのを教えるのって、


結構難しい…いえいえ、私が犬に教えるのは簡単ですが、


私が飼い主さんに理解してもらうことが難しいのです。


例えば、「伏せ」とかだったら、犬の目線や体を下の方に


物理的に向けさせて伏せの姿勢を取らせることで成り立つので


簡単に犬に「伝えられる」のですが、「あとへ」は、犬を飼い主の


後方に「一旦下がらせてから左側に戻す」といういくつもの行動を


組み合わせられたものなので、飼い主さんのリード裁きが


問われる課目です。


レオ君のお母様に「あとへ」の理論を説明した時に、ふと思いつきました。


お母様は「社交ダンス」を習ったことがあると聞いていたので、


「レオ君とダンスを踊る要領で覚えていきましょう!


レオ君を正面から左側に誘導する時に、ダンスの要領で左足を


下げて、レオ君がここの位置にきたら左足を戻して!」


この説明がしっくりきたようで、お母様が「あとへ」と


コマンドして上手に誘導すれば、レオ君が綺麗に脚側停座。


「うまいうまい!その調子です!」


さすが、社交ダンス経験者だけあって、リズムにのって誘導できそうです。


レオ君は「あとへ」というコマンドを理解できるようになるまでは、


社交ダンス風に練習していけば、きっと楽しく覚えられることでしょう♪


レオ君のお母様は、特に競技会や試験を目指しているわけではありませんが、


課目を教える楽しさを知ってもらえれば、レオ君とのコミュニケーションを


取りやすくなると思います。




「訓練・トレーニング」の「課目」は、ガチガチになって「お勉強!」と思えば


うまくいきません。


犬にとっては、楽しい「遊び」なのです。


飼い主さんも一緒になって楽しんで欲しいと思います。


でも、再度書きますが、スワレや伏せの前に、まずは「しつけ」の


「飼い主との関係作り」が先ですよ~。





↓ 「なるほど、社交ダンス風ってのもありだね」と思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぬーーーーん(>_<)
なんてタイムリーな私の心を読んだかのような
今回の記事ーーーーー!!!
さすが先生☆
犬の気持ちだけでなく飼い主の気持ちも読んでるーーー!!!

社交ダンスね~~♪
なるほどですーーー

百福母さんへ

ふふふ。雪が溶けてきたらそろそろ始めますよ!

で、この冬はちゃんと百福と正しい接し方で過ごしてきてるかな?「冬に頑張ったた春に芽が出る」のです。がっちりチェックしまっせぇ!
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。