スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬同士の挨拶

私が尊敬しているドッグトレーナーさんのブログで発見!


6841665542_4abd6aa75c_b.jpg



「犬同士の挨拶」について正しい知識を持ってください。


私の犬は幸いフレンドリーですが、「挨拶させてください」


と正面から来たら「噛みますよ」ときっぱりお断りします。


お客様とトレーニング中に勝手に挨拶させようと近づく人が


いたら、「トレーニング中ですので近づかないでください」と


お客様に代わって厳しい事を言います。


しつけ教室でたくさん犬が集まるときは、「犬同士の接触を


させないでください」と声をかけます。


「なんて冷たい人なんだろう」と思われるかもしれませんが、


犬を嫌いな犬が「SOS」を出していることに気づいて欲しいのです。


犬だけでなく、人間も同じです。


「あら、かわいい~!」と犬の頭上から手を出したり、


無闇矢鱈と興奮させたり…。


もし、興奮がエスカレートして噛んだり飛びついたら…


悲しむのは犬とその飼い主さんなのです。



↓ 「犬同士は正しい挨拶を飼い主主導型で行いましょう」にクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、そして気分すっきり!!!の記事と画像をありがとうございました。

「悪気のない行為ほど、厄介なものはない。」ですよね。
我が家の犬は、黄色いリボンをつけて、かつマズルガードをつけています。
噛みます。と言ってのけてしまうほうが、トラブルに繋がらずに済みますね。

なんて愛想の悪いオーナーだろう。と思われていること間違いなしです。

MEREASOさんへ

ステキなブログを読ませていただきました。決して簡単な犬種ではない犬を飼っているからこそ、他人の犬をも思いやれる…。黄色いリボンプロジェクトがもっと浸透してくれたらと切に願います。

自分の犬を守れるのは飼い主しかいません。愛想の悪いオーナープロジェクト賛成!

いつも読ませて頂いています。
素敵なポスター?ですね!
うちもどっちかというと
距離をおきたいタイプです…(((^_^;)
私からは近づくことはないです。
愛想のない人になってます(笑)
人間が空気を読める?ようになって
お互い声を掛け合ったうえでお近づきになりたいですね。
そのポスター?、私もシェアさせて下さい!

いけちゃんへ

私も時々ブログを覗かせてもらってます。あのメイちゃんが8歳かぁ。パピーだったのにねぇ。

どんどんシェアしてください。我が家のフレンドリー部隊も飼い主が無愛想になってスペースを主張しております。

No title

うんうん、今の私にドンピシャな話題

自分は匂いを嗅ぐけど、自分の匂いは嗅がせた犬、小型犬が待ち伏せしていること、相手の犬が怪しい行動していて、ヒデヨシも耐えられず吠えてしまったことが1回だけあって、向こうの飼い主にほら-吠えられたって言われて、悔しい思いしたこともあります。

飼い主も知らないだけかもしれないけど、さっさとリ-ドコントロ-ルして
どこかに行って欲しい、でも、犬に好きなことさせることが犬を尊重しているかのように思ってる。

マナ-を守っている方がいつも嫌な思いをするのは本当に嫌です。
犬を飼うときにこのポスタ-を必ず読んでから飼って欲しいですね。









ひでよし母さんへ

犬の本当の気持ちを「擬人化」してしまうからややこしいのですよね。

日本人の気質として、「犬を見たら挨拶させるのがマナー」「相手の犬の頭をなでるのがマナー」という優しさ(?)から来ているのかもしれないなって思うことがあります。
プロフィール

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。