「空気を読め!」

なかなかブログを更新できていません…。


レッスンブログ溜まりまくっていますが、ちゃーんと記憶に


残していますわよ。





先日、夕方アルバイトさせてもらっている「犬のおやつやさん」の


社長(ドッグトレーナー)さんが、心に残る名言を吐いたので記録しておこう。


「お座りやら伏せやらを教える前にもっと大事なことは、


犬に『空気を読め!』と伝えることだよ」。


まさにその通り!


犬が飼い主を無視して勝手に興奮したりはしゃいだりした時、


「スワレ」なんてコマンドをかける暇があったら、


心の奥底から「空気を読め!」と仁王立ちして無言のプレッシャー。


コマンドよりもっと大事なのは「心」「気持ち」を「本気で」伝える事。


ちなみに社長の愛犬バリテック(ホワイトシェパード)は空気を読む天才です。


バリテックを見たら、その日の社長の気分が見えるんです。これ、ほんと!


犬はコマンドの意味を理解しているわけではないので、あくまでも言語を


持たない動物です。


だからこそ、人間の気持ちを汗や匂い、雰囲気から読み取る能力に


優れている。


犬が興奮している時に、心からエネルギーを出して「空気を読め!」


と「本気で」伝える。


これができたら、これを伝えられたら…


私がお客様と接する時にいつももどかしく感じてしまうのは、


この抽象的すぎるのに大事なことを伝えきれないことなのです。


テクニックだけではカバーできない「心」の部分。





ちなみに、バリテック君は「お座り」って言ったら両手を出して


タッチしてくれます…。


それ以外の課目はなにも入っていませんが、「空気を読める」


ただそれだけで、日常生活になんの問題もないのです。


みなさん、愛犬に「本気」を伝えられていますか?



↓ 「空気を読め!」は名言だ。と思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりのコメントです。
ずーっと 読み逃げしてました。

我が家の空気を読めないワンコも 私の心が本気で伝わって
いないのでしょうね。

本気で 念じる・・・やってみます。

先日久々に誰もいない時間をねらって ドックランに
行きました。
管理人さんに手をかけて飛びつくのではなく 北斗は口元まで
何度もジャンプしました。
リードをはずした後だったので しそうになったら 早めの『ダメ』で
しなくなりました。

空気を読めるわんこ 凄いです。

No title

こんにちは~。
先日のレッスンありがとうございました。
ズキューン!ときてたんです、その言葉に。
おやつやさんの社長さんの言葉だったんですね。
ごちゃごちゃ言うより態度・・・
難しいー(><)

北斗ママさんへ

こんにちわ!「空気の読ませ方」は犬の個性と飼い主との相性によって簡単な犬と難しい犬の違いもあります。
我が家にも一頭、なかなか空気を読めない犬がいましたが、長年の付き合いの中で、私が彼女への「空気の読ませ方」を体得して、最近はかなり伝えられるようになってきました。周りの目を気にせず自分の信念にぶれずに伝えてあげることと、観察に次ぐ観察です。徹底的に先読みして彼女の行動をコントロールしてあげたところ、三角だった目が丸く優しくなってきました。「空気を読む事」を伝えてあげるということは、犬の「わかってくれよ!」というもどかしさから解放して肩の荷を下ろしてあげることなのかもしれません。

北斗君に伝えるのは、「他の犬の事はママに任せなさい。空気を読め」って感じかな?

またお会いできるのを楽しみにしています♫

るでぃままさんへ

そうです!ちょうど社長から聞いたこの言葉に私もズッキューンってきたのです。飼い主さんになんとかうまく伝えてあげたいと悩んでいる私に「あ、これわかりやすい」ってね。

るでぃに必要なのは、まさに「空気をよめ。今は興奮するときではない」って感じかな。

表面的に厳しくすることではなく、心から本気を伝える事が大事だと思います。もちろん、褒める時も本気が大事。

ソファの空間のせめぎあいの時も、「飼い主さんが本気だ」と犬が気づいた時に後ろに引き下がりましたよね?あれが「本気」です。

日本人は奥ゆかしく、感情をうちに秘めてしまうので、オーバーアクションの欧米人を参考にしてみるのはどう(笑)?

No title

『空気を読め』か~~
以前にも先生、『本気を伝える』って
言ってましたよね

『空気を読め』か~~
心に突き刺さるお言葉ですね
てゆーか耳が痛い(>_<)

そっかぁ~~

百福母さんへ

犬の心に、「中途半端」とか「遠慮」とか「恥ずかしい」って事がないので、常に「本気」じゃないと、犬が混乱してしまうのです。

「空気を読め」は、あらゆるシーンで使えますよ。興奮を沈める時だけではなく、褒める時も「そうだ!それが正解なんだ!」という正解の空気を読ませればより伝わります。

「空気を読め」を習慣にすれば、犬は人間の態度から「今どうすればいいのか?」を自ら考えようとします。答えを人間から求めるようになってきます。それが「良い上司」ですね。

No title

犬種によっても、オーナーに意識を向けやすい犬とそうでない犬がいますが、良い意味でも悪い意味でも、「威圧」が必要なときはあると感じています。
自分の周りの空気をピンと張り詰める。それを犬に感じとらせて、考えさせる。今、もっとも人と犬との関係に足りないことは、『犬自身に考えさせて行動させる』ことだと思います。
Calm dogさんが書いていらっしゃるように、「おて」や「座れ」なんて二の次でいい、コマンドに従うことは犬を意のままに操るためではなくて、彼らを危険から守る術(待てといわれたら待つ、来いといわれたら来る)だと私も考えています。食事を先にとらせようが、ベッドの上で一緒に寝ようが、しっかりとした信頼関係はおのずと作られるはずです。

日々愛犬と散歩をしていると、「あ~、そんなに感情をぶつけるようなやり方をしても犬には伝わらないだろうな・・・。」と思う光景をよくみかけます。人間は感情と理性を分けて考えるのが苦手な生き物ですが、犬を擬人化することなく淡々と諭して欲しい。

我が家の犬の訓練士の口癖は、「感情的に怒るな、論理的に叱れ。」です。
私も犬は「知的にしつける」ことを日々考えてともに暮らしています。

長くなってしまい、ごめんなさい。Calmdogさんの記事は、いつも共感できる内容ばかりで、こういう方がもっともっと増えていただきたいと切に願っています。自称ドッグトレーナーが多い世の中ですから。。。

MEREASOさんへ

こんにちわ。
「威圧」と書いてしまうと、なんだかとっつきにくい人が多いのですが、「良い意味の威圧(オーラ、ピンと張り詰めた空気)」ととって頂けて嬉しい限りです。

飼い主と犬の関係は、親子、恋人、友達になる前にまず「頼れる上司と頼る部下」であるべきですね。「頼れる上司」は感情的であってはなりませんし、弱い面ばかりを見せればバランスが崩れてしまいます。頼れる上司と部下の関係になってから、最高の友達として一緒に遊べばいいのです!

ブログを読ませて頂いているのですが、馬のハミやリーシュ捌きは犬に通ずるところが多いにあります!お客様にも例として挙げることがありますが、残念ながら馬に乗ったことがある人って少ない…。

飼い主と犬とが一通り関係を作り上げてしまえば、一緒に寝るのもご飯を先に食べさせるのも全く問題ないですね。我が家は犬と寝るためにベッド2台をくっつけています(笑)。

いや〜

本当にこのブログは良いなあ!!!
正にその通り「なんも言えね」(北島選手風)だと思います。

billmonさんへ

褒めていただいて嬉しいです!

本当に「空気を読め」はシンプルながら一番大事なところ。犬をコントロールできる人は、無意識のうちに「空気をよめ」オーラが出ているとしかいいようがありません。

No title

「ひろえ」と申します。
突然の書き込みで申し訳ございません。

5月5日、岩見沢イオンで、
黒ラブの璃空(リク)としつけ教室を受講させて頂いたものです。

その節は丁寧に教えてくださりありがとうございました。
お勉強のあと、車を途中でおりて璃空と一緒に散歩の復習をいたしました。
教えてくださったこと、わたしは忘れずにできました。
その日の夕食、カフェに行ったつもりで練習しました。
ずっと伏せたままで過ごせました。
札幌に戻ってきてからは持っていたチョークチェーンをつけて散歩しています。
匂い取りとマーキングが出来なくなったことが理解できたのか・・・
昨夕から散歩前にしっかりと小用を足してから歩くようになりました。
犬とすれ違っても興奮しませんでした。
猫を見つけても追いかけませんでした。
食事中は足元に伏せているか、自分のベッドで丸まっているようになりました。

犬が変わったようだと家族も申しております。

また妹へ尻尾を振って突進していく状態も、
先生に教わった通りにすることで、しなくなりました。
2度やってみただけでもうしなくなりました。

璃空の興奮が鎮まっている状態からなのか、
ヨーキーのマリン(♀1歳)も非常に静かになりました。
継続するよう家族で頑張ろうと思っております。
璃空もマリンも空気を読めるよう頑張ります!

素晴らしい授業を受けさせて頂き感謝しております。
ありがとうございます。

ひろえさんへ

イオン岩見沢のしつけ教室に参加していただき、ありがとうございました。私のしつけ教室は、ちょっと変わってるでしょ?犬には目もくれず、「飼い主さんに犬を知ってもらうこと」に重点を置いています。愛犬を一番知っているのは飼い主さん自身。飼い主さんが自分の犬をコントロールするには「24時間の日常」が大事なのです。

「できたから終わり」ではなく、これから先も日常の中でずっと継続してください。半年先には「あれ?今、注意していなかったのに興奮しなかったかも?」って犬の変化に気づいて驚く日がきます。犬をしっかり観察して「今でしょ!」ってときに合図です!

ブログも読ませていただきました~!宣伝ありがとです♪
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR