スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首輪ができない?!

これまた随分前のレッスンです。


「とにかく大変なのです…」とメールで相談をしてくださった


柴犬うに君の飼い主さん一家。


まだ1歳にもならない柴犬うに君は、とにかく「どう扱っていいのやら…」


な状態だとか。


散歩では引っ張る、家では興奮して甘噛みする。


とにかく落ち着くことなく常に興奮!興奮!


うに宅に伺ったところ、ゲージの中で柴犬らしい引き締まった顔の


うに君が尻尾をふりふり。


今のところ、「吠え」の心配はなさそうだったので、


これから先も吠えることがないような接し方をアドバイス。


最初に飼い主さんご夫婦に、犬についてお話させてもらってから


実際にうにを散歩に連れ出します。


はい!


出ました!


「ハーネス」です!


コントロールができない犬を、コントロールを知らない飼い主さんが


扱う場合、まずは「道具」も大事。


「ハーネス」は、元々穏やかな性質の犬や老犬、病犬に使用するのは


わかりますが、血気盛んなオスの柴犬で、しかもコントロールできないのに


「ハーネス」を使うのはむしろ危険!


田舎道をのんびり歩かせることができるならいいですが、


うに家の周辺は交通量も多くて危険です。


「首輪で引っ張ると首が苦しそうだから」とハーネスにする人も


いますが、犬に「引っ張ったらだめ」を教えてしまえばいいのでは?


うに君のママさんに「どうして首輪をしないのですか?」と聞くと、


「嫌がるから」とのこと。


犬って、常に人間を「試して」生きています。


「これぐらいだったら叱られない」を試しているから、


「首輪は嫌だ」を繰り返しているうちに飼い主さんが「辞めてくれた、


ラッキー!」てな感じでしょう。


柴犬はよく首輪を引き抜く技を身につけている犬もいるので、


引き抜けないトレーニングリードをお勧めしました。


トレーニングリードを首にかけて歩き始めた途端、


うには「この世の終わり」のような叫び声を上げました。


はい!ここで飼い主さんが驚いて「ごめんごめん」と首輪を


やめたらゲームオーバーですぜ!


もちろん、飼い主さんには「首輪をしたら絶対に叫び声を上げますが、


可哀想とか思わないで平気な顔でいてください」と説明してあります。


演技なのか、首に痛みがあるかどうかぐらい、私にはお見通しですよ。


しかも、ちゃんとポイントを押さえてつけているから苦しさはないのです。


ご近所のおじさんが目をまーるくしながらこちらを見ていましたが、


うにの演技を見破った私は気にせずスタスタ。


賢いうにはすぐに理解して、私のついてスタスタ歩き始めました。


散歩中は好き勝手に歩いて、雪山に登ってはそのまま一歩も動かなく


なるそうですが、「犬が行動しそうになるタイミング」を見計らって


「だめ」を伝えていけば、だんだんうには私の歩調に合わせて


歩けるようになってきたのです。


飼い主さんにリードの使い方を説明して、「質の高い散歩」を


目指して歩いてもらいました。


ただ歩くだけでなく、広場などを見つけたら遊んであげるのもいいですね。


家に戻ってから、次の課題であった「足ふき」。


うには足ふきのたびに牙を向いて抵抗するとか…。


飼い主さんにうにのコントロールの仕方をお伝えして


「足ふき」も無事にマスター。


鼻歌うたいながら足ふきできちゃいます。


おやつで気をそらしたりする必要は全くありませんよ。


犬だって伝えればちゃんと伝わるものなのです!


ごまかすのではなく「ちゃんと伝える!」が大事なんです。


リビングに戻ってから、興奮への対処についてレッスンする


つもりだったのですが、「質の高い散歩」で頭を使ったうに君は


完全に「穏やかモード」というか「お昼寝モード」に入ってしまったので


この日のレッスンはこれで終了です。


生まれて始めて人間に「主導権」をとられてしまったうに君。


飼い主さんには、「主導権」を取られることが犬にとって「安定」に


つながるという様子を見てもらいました。


ここからは、飼い主さんの強い意志が重要です。


犬は一家の大黒柱にはなれません!


「主導権」で心の安定に導いてあげましょう♪


2週間後のフォローレッスンでどうなっているかな…?




↓「首輪の重要性に気付いた」あなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。