スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の「お散歩会」が終了しました。

お天気に恵まれた18日(土)の午前中は、「おさんぽクラブ」さん主催の


「お散歩会」でした。


この日のモエレ沼公園は、お花見客で大賑わい!


人も多いし、犬もたーくさんいます。


「吠えかかり」や「ひっぱり」に悩む、お散歩会参加者にとっては


とーっても厳しい条件!


でも、私にとっては、「こんな条件でもちゃんと散歩ができますよ」を


伝える絶好のチャンスですやん♪




駐車場で集合した瞬間から、「お散歩のためのトレーニング」は


始まっています。


まずは、しっかり「犬の気持ちを沈静化」してしまうこと。


リードの使い方(犬によってはリードを変更してもらいました)を


お伝えして、その場でコントロールする方法を学びます。


全員が集合した時点で、たくさんのお花見客の中を上手に歩きます。


今回は5家族7頭の参加でしたので、最前列から一番後ろまで


私は走り回りながら指導します。




まずは、トイプードルのぎんじくん。


ご夫婦と小学生の男の子と家族みんなで参加してくれました。


ぎんじくんのお悩みは、びびりゆえの吠えかかり。


人間も犬も避けながらの散歩をしてきたそうです。


リードを持つママさんは、リードの持ち方はマスターされていましたので、


ママさん自身の目線や気持ちの持ち方をアドバイス。


ぎんじくんには「私に任せなさい」という気持ちを伝えて


自信を持たせてあげたいですね。


今日のお散歩会終了後も、人ごみや犬とのすれ違いを何度も


復習して、「ひっぱりもガウガウもほぼなし!」と嬉しいコメントを


「お散歩クラブ」さんのブログに記入してくれていました。


自宅での問題行動も抱えているそうなので、また相談してくださいね。





続いて、トイプードルのエースとピースの2頭を連れたママさん。


他の犬に吠えかかりをするエースの興奮に反応するピース。


エースが吠えるたびにピースがエースにガウガウするので


ママさんもしっちゃかめっちゃかになっています。


吠えかかりという事柄ばかりに気を取られてしまい、


エースが出している興奮の前兆を見逃しているのが


原因ですね。


歩いているときだけでなく、立ち止まっているときも「目のはしっこ」で


常に犬の行動を「見張って」いることをママさんの習慣にしてください。


エースの行動をしっかり観察して早め早めに対処してみてください。


エースをコントロールできれば、ピースは興奮しません。


根源を突き止めてしまえば、対処しやすくなりますよ。


散歩の途中から、大人しい方のピースをお散歩くらぶのMさんに


コントロールしてもらい、ママさんにはエースのコントロールに


集中してもらったところ、吠えかかりが軽減。


日頃から一頭ずつのコントロールの時間をとってから2頭同時に


歩くように工夫してみてくださいね。


また今度、出張でお散歩の見直しをしますのでいつでもご相談くださいませ♪



「吠えかかり」や「突進」がお悩みの柴犬もみじさんは、


コントロールが伝わりにくい首輪を使っていたので、


リードを交換して歩いてもらったところ、「歩きやすい!」と


ママさんも感激。


しかも、両手でリードを握りしめていたので、「片手で


力を抜いて持っても大丈夫ですよ」とアドバイス。


使い方を間違わなければ道具に頼るのも手ですよ。


もみじさんは、しつこいガウガウをする犬ではないので、


最初のガウガウを防げるような「早めの対処」を練習してください。


もみじさんは、他の犬の空気を読む犬です。


穏やかな長女犬には最初っからがうることなく真横で佇んでいました。


相手の犬の大小ではなく、相手の興奮を買ってしまうタイプ。


飼い主さんが「興奮しなくてよろしい!」と早めに合図を送るように


練習してみてください。





パパさんと参加してくれたのは、トイプードルのキューちゃんと


チワワのエルちゃん。


トイプードルのキューちゃんは、なんの問題もなし♪


チワワのエルちゃんは犬に対する吠えかかりがあり、


他の犬とお友達になれないのがパパさんの悩みです。


でも、私からのご提案は「エルちゃんがお友達を欲しくないと


言っているのであれば、無理に他の犬と遊ばせようとする方が


可哀想ですよ。お友達はパパさんがなってあげてください」。


ドッグランではパパさんの膝の上で座ってばかりなのだそうですが、


パパさんがドッグランの中を歩き回ることでエルちゃんに


新しい行動が見られると思います。


ドッグランは、犬同士が遊ぶ場所ではなく、犬と飼い主が交流する場所です。


パパさんに、「左手だけで2頭のリードも持って歩いてみてください」と


アドバイスしたところ、2頭は並んでパパさんの後ろから上手に


歩けました。ハーネス使用の二頭でしたが、これほど上手に歩けるなら


ハーネスのままでOKだと思います。


エルちゃんへの「吠えかかり前の合図」だけ気をつけてみてください。




今回唯一の大型犬ゴールデンのリリちゃんは、人間の多さと犬の多さに


最初は興奮していたものの、途中から穏やかな長女犬のリードと


一緒に持ってもらうことで、どんどん穏やかなペースに巻き込まれて


くれました。リリちゃんは環境の社会化不足もありますので、


これからの季節は休日のたびに車であちこちの公園に行くことを


お勧めします。


ママさんの合図のタイミングがまだまだ遅いので、興奮する前に


早めの小さな合図を心がけてくださいね。


長女犬とリリちゃんの二頭引きを楽しんでもらっているときに前方から


興奮気味の大型犬が近づいてきたので、ママさんに長女犬を預けて


私がする「リリちゃんのコントロール」を見てもらおうと思ったのですが、


人ごみにも慣れて、長女犬から穏やかエキスをもらったリリちゃんは


全く興奮することなくすれ違えました。


やればできる子なのです!


リリちゃんにはとにかくたくさんの経験を積ませてあげてくださいね。




一頭一頭へのアドバイスが終わったあとは、全員で「集団で歩く散歩」を


体験してもらいました。


前方より興奮気味のテリアが二頭登場したのですが、


「早めに合図。姿勢を正して。相手の犬を見ないで。」と


声をかけながら歩いていくと、7頭全ては「全くのスルー状態」!笑


飼い主さんの「私に任せなさい」の気持ちがちゃーんと愛犬に


届いているのです。


お散歩が終了してから、参加犬全員で「犬同士の正しい挨拶」の


時間をとりました。


本来は最初に挨拶をさせたいところでしたが、「犬同士の接触」を


避けてもらっておいたので、あえて最後に挨拶をさせたのです。


顔と顔を付き合わせて挨拶なんてもってのほか!


飼い主主導型の挨拶で、それぞれが「適度な無関心」になれるように


してしまえばいいのです。


今回のような、「犬同士の挨拶」「集団での散歩」は


とにかく経験を積むことが大事!


お散歩クラブさんの「お散歩会」を有効利用して


飼い主さんと愛犬の「嬉しい経験値」をあげていきましょう!


たくさん参加していただきましてありがとうございました。


6月にも開催予定ですので、また告知しますね~!




↓「お散歩会」って大事だね!と思ったあなたはクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。

いいですね~。札幌がもっと近いのなら 私も毎回でも参加したいです!!
お散歩会での先生の様子や皆さんの様子が目に浮かびますよ。
うらやましぃ~~。

先生 先日はアドバイスありがとうございました。
私の気持ち 一気に引き締まりました(笑)

ありがとうございました!

先日はお世話になりました、ぎんじの母です。
まさか北海道でMさんつながりの方に会えるなんて。。。かなり嬉しかったです。
札幌にもドミオーラ全開のトレーナーさんがいたなんて!^^

百聞は一見にしかず、とはホントだわ~と実感しました。
頭ではわかっていても実際どこのタイミングでどのようにコレクションをいれればいいのか・・などなど、とてもわかりやすかったです。

散歩はぎんじが嫌がるのをいいことに、冬は特にあきらかに足りていなかったので、気持ちを新たに入れ替えてまたトレーニングします。
今日もあえてわんこさん探して歩いてきましたよ^^

車中での震えやずっと続く鼻泣き、インタフォンへの吠えなど、メールセッションしたのに完治できていない。。。Mさんにも恥ずかしい思いだし、ぎんじにも可哀想な状態が続いてる・・・などなど問題はまだまだあります。

LAから戻られましたら、更にパワーアップしてこられると思いますので^^ぜひその時はセッション受けさせてください。

ありがとうございました。

北斗ママさんへ

こんにちわ。「お散歩会」は北斗君にも有効かもしれませんね。協力してくれそうなお友達ワンコをみつけて一緒に並んで歩くのもお勧めですよ!

ブログの写真で気になったものですから…フレキシブルリードは使い方次第ではとても危険なので気をつけてくださいませ♪

ぎんじママさんへ

私もぎんじママからmasumiさんの名前が出てきてびっくりしました~!東京で「生masumiさん」にお会いしましたが、ドミオーラが半端なかったです!そこだけ空気が違う?って感じ。とにかく早くお会いしたくてワクワクしています。アカデミーでパワーアップして戻ってきますね♪

ぎんじ君は「任せられる人」が必要な子です。ぎんじ君を変えるのではなく、飼い主さんが「私に任せなさい」な気持ちで自信を持って取り組むことが大事。テクニックも大事ですが、まずは取り組む心構えに着目してみてくださいませ~♪
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。