スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けることの重要性

これまたかなーり前のレッスンですが…。


ボーダーコリーのアース君、3回目のレッスンです。


二回目では室内での様子が好転していましたが、まだまだ散歩に


お悩みが残っているアース君の飼い主さん。


いつものようにリビングに入ってもハウスの中で吠えることもなく


穏やかに迎えてくれるし、ハウスから出しても大きな興奮もなく


静かにしていられるように…。


一番の実感は飼い主のママさんの表情が和らいでいました。


室内での過ごし方がとても穏やかになったようです。


ただし、ママさんがイライラしてしまったりすると、アース君の


穏やかさにも大きく影響するとか…。


犬は飼い主さんの行動を見事に映し出す鏡!


一緒にいる機会が多く、家族の中心として振舞っているママさんの


ことをアース君は本当によく観察しています。


それだけ犬は飼い主さんと繋がっていきているのですね。


家族という群れを率いるママさん(パパは単身赴任中)なので、


アース君の観察力に負けないぐらいの観察で先読みを頑張っていきましょう。


今回も、ネックである「お散歩時の興奮と引っ張り」のフォローレッスンです。


ママさんは以前に比べてぐっと「自信」のある表情になっていますが、


もっともっと威厳を持って行動してもらうことに…。


小さな子供や郵便局のバイクを追ってしまいそうになるので、


先読み先読みでママさんに行動してもらいました。


ロングリードを使ってアース君に運動をかけているときに、


たまたま幼稚園児たちの集団が歩いてきました。


ママさんに「見てて!」と声をかけ、主導権をとった上でアース君を


伏せさせました。


ここで大事なのは「「伏せさせること」ではなく、アース君の注意が


幼稚園児に向かずに主導権をとっている人間に向いている点です。


私は通り過ぎる幼稚園児たちに「ワンちゃんがびっくりしちゃうから


触らずに通り過ぎてね~!」とその場を取り仕切ります。


幼稚園児の先生も「ワンちゃんがびっくりしないように歩こうね~!」と


協力してくれました。


アース君は伏せた姿勢のままで、幼稚園児たちには全く目もくれず!


※念のため、リードは足で踏んでいますが、緩めたままです。


幼稚園児たちよりも、主導権を持つ私にだけ注目したまま


穏やかに待てました!


「アースが幼稚園児に興奮するかも!」と疑うのではなく、


「アースが興奮するかもしれないから事前に合図を送って


自分に注目させてやり過ごしてしまおう!」と信じてあげるのも大事。


アース君の穏やかさにママさんは驚いていましたが、


ハンドラーが穏やかにそして、犬を信じることが大事なのですね。


幼稚園児たちが去ったあとは、ロングリードを使って


「ママさんの存在を上昇させる運動」で汗をかきかき頑張りました。





自宅近くまで戻っている途中に運良く郵便バイクが通ったので、


ここでママさんに主導権を発揮してもらい、アース君を落ち着かせます。


アース君は郵便バイクを無視していられました~。




自宅に戻って玄関前でお話をしているときのことです。


話に夢中になっているときにふと、「あれ?今、郵便バイクが後ろを


通りませんでした?」と私とママさん…。


アース君、全然バイクに反応しなかったのです。


これには私もびっくり!


主導権を握っている人がリードを持っていれば、


「いっちゃだめなんだ」と理解してくれた様子ですね。


もちろん、まだまだママさんの練習と継続は必要ですが、


「今日のレッスンで、また一歩前進できました!」とママさん。


この「自信」もとても大事です。


常に周囲に気を配り、早めの合図としっかりした主導権を発揮して


いけば、アース君はもっともっと「強いママさん」を頼りにしてくれますよ。


最初は、360度に気を配ってクタクタになるかもしれませんが、


続けていくうちに、必ず犬が変化します。


今回は期間をあけて3回のレッスンを頑張ってもらいましたが、


回を重ねるごとにママさんの表情が穏やかになっていく様子や、


自信がついている様子、そして観察する力がついていくのを


見ることができました。


そして、何か問題が起こった時にも「そういえば私の気持ちが


落ち着かない時にアースの様子が変化していたかも!」と


ご自身で分析して対応されている様子も見られてとても頼もしかったです。




またなにかお困りごとができたら、いつでもメールをくださいね~。





↓ 「落ち着いて対応するには先読みが大事!」と思ったあなたはクリックを!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
いつもですが大変勉強になる内容を事詳しく書いて下さってるこのCalmDogさんの姿勢に心打たれます。
読ませて頂く度に、犬と暮らす方全員に読んでもらいたくなります。
今日のBlogの内容で困ってらっしゃる方って多いですよね。
私も、どちらかと言うと、ルナがアグレッシブな犬が苦手で…、また、ちょっと奇妙なカッコをしてルナを見ている人間も苦手です…例えば上からしたまで真っ黒ケッけなカッコでジィ〜ッとルナを直視してたり。また直視している人がニカァ〜っとはを見せて微笑んだりしているのが苦手です。
なので、ルナが何かに気がつく前に、ルナの気を私にむけるって言うのがとっても肝心なんです。今回のCalmDogさんのBlog…うんうんとうなずきながら読ませて頂きました。
また紹介させて頂くかもです。

Yokoさんへ

コメントをありがとうございます。
なかなか更新できていませんが、レッスンをしていると私も勉強になります。どのワンコにも言えることですが、みんな「答え」が欲しいと思っていること。人間語が理解できないからもどかしく思っているのだから、少しでもこちらが犬語で伝えてあげる努力をしなきゃって思います。
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。