スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイ!

先日の「マテ」と同じく、「コイ」にも二通りあります。


一つ目は、課目としての「コイ」。


犬を座らせて「マテ」をかけ、10m離れて「コイ」で呼び戻す


「停座および招呼」という課目です。


二つ目は、日常生活の「コイ」。


ドッグランなどでノーリードの状態で他の犬と遊んでいる真っ最中に


「コイ!」と呼び戻す場合。「呼び戻し」と言われています。


呼ばれる直前まで犬が飼い主に集中しているとは限らない状態です。


「一つ目の課目としての「コイ」ができるのに、二つ目の日常生活で使う「コイ」が


できないのです」、という方がたくさんいます。


我が家に3頭の犬がいますが、そのうち2頭には「呼び戻し」の訓練を


入れていません!



実は、2頭には子犬の頃から、日常生活において「飼い主を意識する」ように


育てて来たので、あえて「呼び戻し」という訓練をする必要がなかったからです。


ドッグランで、仲良く走り回っていても、私が歩いて移動し始めると


自動的に私の動きを察知して一緒に移動し始めます。


犬の本能の中の「群れ」という感覚から、一定の距離を離れる事を


避けたいからではないでしょうか。


3頭にとって、私は群れの「上司」なので、「上司が動いたからついていこう」と


言う意識が働いているようなイメージです。


犬は、人間の言葉で言う「損得」で反応します。


上司である私が離れると「損」なのです。


ついていくと「得」だからついていきます。


ノーリードで遊んでいても、常に私の動きを意識しているから、


例えば私が危険な犬の入場を察して、「コイ」と一回かければ、


すぐに上司の元に駆け寄ってくるというわけです。


「呼び戻しができないから」と言って、いきなりドッグランで練習をするよりも


まずはその前に、日常生活の中で犬が飼い主を「上司」と認めるように


する方が先なのです。


日頃から、愛犬は、飼い主さんの動きを目で追っていますか?


日頃から、飼い主さんが、愛犬を目で追いすぎていませんか?





ちなみに、3頭のうちの1頭は、「呼び戻し」の強化時期を見逃してしまい、


勝手気ままな行動を取るようになってしまいました。


一番の原因は、「散歩時の立ち止まり」が長すぎた事。


散歩時に立ち止まって長話をしているうちに子犬は退屈して他の遊びを


自分で考えて勝手に動きたくなるのです。


子犬の頃は、とにかく動き回りたくてしょうがない時期なのですが、


そんな時こそ、飼い主は動き回って子犬に追われる習慣をつけなければ


いけません。リビングで解放する時も、庭で解放するときも。


飼い主の動きを追っているうちに良い運動になって疲れますので、


そこで終了。


「呼び戻し」が効きにくい犬は、この習慣をつけていないままに


大きくなってしまったのです。


私は、環境を見直し、その犬を「無駄にかまう時間」を激減させ、遊ぶときは


とことん遊ぶようにしました。


今では、ドッグランや山では「呼び戻し」が効くようになり、


犬の表情までも穏やかになっています。


「上司についていったほうが得」と理解して安心してくれたようです。




日常生活の「マテ」と「コイ」は、訓練よりもまず「飼い主さんとの関係」を


見直してみてください。


↓ 遊んでいても呼ばれたら戻った方が「得」なんだよ。


koi.jpg


ホームページ


↓ 更新を頑張るのでポチを頼みます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私には、飼い主についていった方が得と思わせるのが難しく思いました。

家の中でそんなに危険があるわけではないし、散歩で他の犬から守ることぐらいしか思いつきません、でも会う犬全てが攻撃的とも思えない・・・

かといっておやつでつるのは違うと思う・・・

上司って難しいものですね~

でも飼い主の行動に合わせて、飼い主の指示を待つのは理想です。

いろいろ見たけど、CALM DOGさんの考えが一番すっと入るなって
思いました。

まあ、わんこはまだですけど~

No title

なるほど~~~☆
損得ですか~(*´艸`*)

おとぼけこーる君も
意外と損得を考えていたんですね( ̄m ̄〃)

ランでは私に着いていた方が安全っていうのを考えて
見えないリードで、着いて来ます(ノ´∀`*)

今日はこーる君狂犬病の注射に行ってきて
病院でお利口さんっぷりを自慢してきました(ノ´▽`)ノ
こーる君のワルっぷりを良く知っている先生だけに
すごい!すごい!言ってました( ̄m ̄〃)

先生の家にも悪い犬がいますから
宣伝してきましたよ(笑)

いいなぁさんへ

犬は群れでいる方が落ち着くので、「一緒にいて落ち着ける上司でいること」で「得」と感じているのかもしれません。怖いだけの上司、甘いだけの上司より、穏やかにルールを教えてくれる上司の方が一緒にいたくなりますよね。それは日常生活の中で培われるのです。

ともさんへ

ちょっぴり言い方は変ですが、飼い主さんの頭の中で理解してもらいやすいように「損得」で表現してみました。ドッグトレーナーの研修をしてくれた先生が「例え話」がとても上手な人なので、私もまねっこです。

怖いだけの上司や甘いだけの上司より、ルールを教えてくれる穏やかな上司についていくほうが得ですよね。

ドッグランでのコール君は、飼い主さんのそばが「得」なんですね~!見事な「心のリード」が見えましたよ。
獣医さんにたくさん自慢してきたのですね!そして宣伝まで…ありがとうございます~♪

コール母と昨日、色々研究した件ですが、リードコントロールという技術的な面にプラスして、「コール君は絶対に吠えない。」と信じながら歩いてみてください。「信じていない気持ち」もコール君の吠えに影響しているのかなと、ふと思ったのです。ただし、「信じつつも注意だけは怠らない」ように…。心理的な面なので難しいのですが、「もしかしたら…」って思ったので。疑問点がありましたらどしどしメールをくださいね~!

No title

たしかに立ち話して飽きてくると
ヘコヘコされます(笑)

こーる君ほどではないけど
結構きなこも私の横に居ることが多いです
他の子達が吠えたりすると
飛んで私の所に戻ってくるので
私の元に帰ると安心・・・って思ってくれてるんですね(#^.^#)
(私の勘違いかしら(笑))

私も素敵な上司になりたいなぁ~
目指せ!BOSSの天海祐希!かな~

ぷーこさんへ

ドッグランでは意外と犬が退屈している瞬間があります。時々うろうろ歩いてみたり、カフェで休憩してやったりしながら、犬の気持ちをコントロールしてあげるといいと思います。きなこちゃんのへこへこは性的なものではなく「心のバロメーター」なのかと思います。叱ってやめさせるのもいいですが、根本的な解決が必要なので、日頃から「飼い主に集中しとかなきゃ!」などの刺激を与えてみてください。

きなこちゃんもドッグランでの「呼び戻し」は大丈夫そうですね。きなこちゃんが他の犬と遊んでいる時に、わざと「おいで」と呼んで反対方向に走ってみてください。慌ててついてくればOKです。万一、道路でリードが外れてしまったりした時に飼い主が呼べば駆け寄ってくるように教えておくと便利です。
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。