スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い犬の興奮

ゴールデンレトリバーのウィル君(1歳)は34kgの大きな男の子です。


飼い主さんの悩みは、「お出かけ先で興奮して引っ張って大変!」


「ドアから飛び出してしまって待てない!」「呼び戻しができない!」


という事でした。


ご自宅にお伺いしてみると、大歓迎の舞を踊ってくれるフレンドリーな犬。


ほかにも、イングリッシュセッター系のルビーと、ミニチュアシュナウザーの


メルが一緒に暮らしていて、最初はみんな大騒ぎでしたが、


カウンセリングが始まって飼い主さんとお話をしている間はみんな


ソファでぐっすりと眠ってしまいました。


3頭とも、基本的にはフレンドリーで良い子ですが、「ルール」がないから


自由に育っているという印象を受けました。


ウィル君のママさんと、娘さん二人を交えて「飼い主の心得」を


お話した後は、ドアから勝手に飛び出してしまう癖を治す方法をまずは


練習です。


リードコントロールをお伝えする前に、とにかく犬を落ち着いた状態に


してもらう事が先決ですから…。


初回カウンセリングでは、とにかく体の大きなウィル君を中心に


お勉強してもらいました。


外に出て、リードの持ち方などをお伝えし、実際に家の周辺を歩きましたが、


ウィル君の興奮は自宅よりも外出先で発生しやすいそうなので、


次回のレッスンまでに、ウィル君との「質の良い散歩」を心がけておいて


もらうことにしました。もちろん、自宅内での宿題もたっぷりんこ♪


可愛いウィル君とのお勉強にとても熱心な飼い主さん。


過去にもゴールデンを飼っていたので、犬を飼うセンスもあるので


あとは、コツを掴んでもらえたら…毎日の繰り返しと練習あるのみです!





ウィル君自身は、私のハンドリングでは引っ張りもなく、


ドアを解放しても勝手に出て行くことはしないのを見てもらえたので、


飼い主さんとの関係が変わってくれば、ウィル君も変わってくるはずです。





まだまだ1歳とはいえ、人間で言えばもう青年なのです。


人間と暮らすためのルールを教えて、立派な大人に育てましょう!



↓イケメン王子ウィル君のブログはこちら。「お勉強」というテーマができてました(#^.^#)

「ウィル君のブログ」




↓ 頑張る飼い主さんを応援しますのポチを!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はありがとうございました。
我が家の白黒トリオも戸惑いながらも~
少しずつ変わろうとしています。

ドアの前では、今までのように力づくで出ようとすることはなくなりました。
小首をかしげてちょっと考えてる姿が、これまた可愛いです
(親バカでスイマセン・・・笑)

チョークも届いたので~
明日からのお散歩が更に楽しみです。

雪ん子さんへ

こちらこそ、ありがとうございました。
ドアの前での変化、嬉しいですよね。
できるようになってくると、飼い主の方にも余裕が出てきて良い相乗効果が出てきますよ。
物理的に言うことをきかそうとするより、「犬が考えて行動する」方が行動が強化されます。ドアだけでなくあらゆるシーンでも「考えさせてみる」に重点を置いてみると幅も広がります。

散歩の質が上がると、犬もきっと楽しめるはず~!
次回のレッスンが楽しみだわ~♪
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。