スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグランの使い方

ここ十年ぐらいの間にドッグランがあちこちにできましたね。


私も3姉妹を走らせるために、ごくたまに利用します。


ほとんどの方は、「他の犬と仲良くするチャンス」と考えていると


思いますが、私のドッグランの使い方は違います。





昨年、大型犬の飼い主さん二組とドッグランの使い方についてお話しを


したので、そのことについて書いておきます。




一方の大型犬は「他の犬の存在が苦手」で、もう一方の大型犬は


「すべての犬と仲良くできるという訳ではない」というお悩み。


どちらの飼い主さんにも伝えた内容は同じです。


「そもそも、ドッグランの使い方を考え直してみてはどうですか?」と。




ドッグランで走っている犬たちを見ていると、どんな犬にも


「遊ぼうよ」と誘いをかけて楽しそうに遊んでいる犬もいますが、


みんながみんな「遊び上手」とは限らないようです。


喧嘩が勃発するまでには至らないとしても、片方の犬が


「いやだ!遊びたくない」と嫌悪感丸出しにしているのに、


しつこく付きまとって遊びに誘っている犬がいたり、



飼い主が声を枯らして名前を呼んでも、飼い主そっちのけで


次々と相手を変えて犬同士の遊びに夢中になっていたり。


飼い主さんは楽しそうに笑っているけど、犬自身は


周りで走り回る犬の存在が怖くておどおどびくびく。


そもそも、「ドッグランを楽しんでいるのだろうか?」って


疑問に思う子もいます。




私の「ドッグラン」への考え方は、


「飼い主と犬が一対一でノーリードで交流できる場所」


と捉えています。


他人の犬との交流がメインではないのです。


他の犬との社会化は、必ずしも「仲良く遊ぶ」ことが大事だと思っていません。


我が家の3姉妹は、家族以外の犬に「完全無関心」です。


ドッグラン内で「危険そうだな」と思う犬がいても、3姉妹が


「無関心オーラ」を出していればほとんどの犬は近づいてきません。


もししつこい犬がいたら、お互いのストレスを考えて私から退散します。


近づいてくる犬がいたら、お互いのお尻をクンクンするだけの


「簡単な挨拶」を済ませて「遊ぶつもりはないよ」と知らせているようです。


すぐに私の元に戻り、「ママ、遊ぼうぜ~」と飼い主との遊びを優先します。


これは、「他の犬=必ず遊べる」という習慣を付けてこなかったことと、


私自身が一番の「遊び上手」な相手になってきたから。


ただし、3姉妹同士や、しょっちゅう会っていて気心の知れた犬とは


相手を尊重しながら遊ぶことはできます。


いつも同じメンバーで気心の知れた仲間と会えるなら良いのですが、


たまにしか行かないドックランで出会う相手は「初対面」がほとんど。


相手の出方がわからないので、「犬同士遊ぶ」ではなく


「飼い主と犬が遊ぶ」という認識で
ドッグランを利用しています。




さて、大型犬の飼い主さん二組には、「ドッグランに入ってからの


飼い主さんの対応とその理由」についてお話ししました。


最初は半信半疑だった飼い主さんですが、飼い主を中心とした


犬の距離がどんどん縮まるし、呼び声にも反応しやすくなる様子に


途中から笑いが止まらなくなっていました。


相手が足の遅い人間であっても、遊び方次第で十分な運動量を確保できます。


しかも、飼い主と犬との関係を変化させる「心」にも響く遊びです。


体だけでなく心も育む遊び方をお伝えしました。




あとは、とにかくチャンスを作って続けることです。





喧嘩をする、相手にしつこくする、呼びがきかない、飼い主を無視する…




ドッグランで起こりがちな習慣は、「飼い主の考え方と接し方を改める」ことこそ


犬に変化が現れるのです。


犬に「喧嘩しないで。他の犬と仲良くして。呼んだら来て。」と説得しても無駄。


人間だって苦手な相手がいるように、犬にだって苦手な犬がいます。


人間は理性や我慢で笑顔を作って付き合いますが犬にはできないのです。


飼い主が自分の犬を見極めて、適切な付き合い方をしてあげてください。


犬の最良の友達は「飼い主」なのですよ~!




↓ 「ドッグランの使い方を考え直してみよう」と思ったあなたはクリックを!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村



※ドッグラントレーニングは、初回カウンセリングで「総論」を

受講された方の「各論」としてお伝えしています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは(^O^)/

いつも読み逃げですが・・・

うまく説明できないけど 数日前がそうでした。
自分と主人が 犬と遊ぶために行ったのだけど 他の犬が「遊ぼう」としつこく寄ってきて ボールまで奪われて。。。

全く 自分のペースで遊べずに帰ってきました。

どうしても 周りに気を使う性格なので 知らず知らずのうちに 他の犬を寄せ付けてたんですね。。。

こないだ久しぶりに広々とした方のランに
親子水入らずで行ってきました~~( ´∀`)

黙々とウロウロ歩いて見えないリードで
繋がってる感じがして嬉しかった~~(//∇//)

だけど、ボール無くして帰って来ましたΣ(-∀-;)
ちゃちゃまるに捜して欲しい~~(。>д<)

chocoままさんへ

こんにちわ。華ちゃんのママさんですね!
飼い主さん自身が周りに気を使ってしまうと、犬は「頼りないな」と不安になってしまいます。広いドッグランなのであればさりげなく立ち去って離れて行くことで上手に回避してはどうかしら?ボールもできればラン内では使わずに華ちゃんと一緒に歩くだけでも良い運動になりますよ。

百福母さんへ

こんにちわ。先日の「雪で中止になったレッスン」の日、公園でロングリードで遊んだときに「百福母と百福の関係」が良くなったと実感していましたよ。百福はちゃんと母を意識しています。
「押してもダメなら引いてみな、追いかけているうちは燃えるけど追われると覚める」。犬の心は「恋の法則」が当てはまるんですわ。
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。