スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件は現場で起こっている

先日、「初回カウンセリング」でリードコントロールを学んだウィル君の


飼い主さんと2回目のレッスンをしてきました。


↓前回のレッスンはこちら

「若い犬の興奮」


初回カウンセリング以来、飼い主の心得を頑張って守って頂き、


散歩の質もあげて頂いたおかげで、ウィル君のジャイアンぶりが


かなり抑えられるようになったとの事。


しかし、ウィル君の「興奮レベル」が一番高いのは、「お出かけ先」


という事でしたので、2回目のレッスンは、「ウィル君が最も興奮する現場」で


集合する事にしました。


ウィル君のお母さんのお友達「のんママさん」の自宅が「今日の現場」です。


のんママさんの事が大好きなウィル君は、車を停めた瞬間から


「降りる~!」と興奮し始めて、運転席のお母さんの膝を乗り越えて


飛び出そうとするため、安全に車から降りられないのが大きな悩みでした。


ウィル君のお母さんとのんママさんの自宅前で待ち合わせ。


私は早めの到着して、ウィル君のお母さんの車を待ちました。


駐車スペースに入るやいなや、「降りる~」と運転席に移動するウィル君。


なんせ34kgの大型犬なので、力で押し返すのはムリ。


私はウィル君のお母さんに、「後部座席にウィル君を戻してみて」


と伝えました。


ウィル君は車の中を自由に移動しているので、後部座席にひょいっと移動。


ウィル君のお母さんが車のドアに手をかけるとひょいと運転席に戻ってきます。


ウィル君のお母さんには時間がかかってもいいから、後部座席に戻るまで次の


行動をしないように伝えました。


お母さんとウィル君が数回やりとりするうちに、ウィル君は「後部座席に行けば


次の段階にすすめるのね」と理解して、後ろで待てるように♪


お母さんは慌てず騒がず運転席から優雅に降車しました。


続いて、後部座席のドアからウィル君を出しますが、


ここでも、ウィル君が「どうやったらドアを開けてもらえるのか?」を


ウィル君自身に考えさせます。


さすが、ウィル君!


ドアの前で大人しく待機すればドアが開くことに気付いた様子です。


ドアを開けてからもすぐにリードは持たず、無言で待たせます。


ゆっくりとリードを手に持って、コマンドでウィル君を降車。


ウィル君が確実に理解するまで、何度も何度も練習してもらいました。


最後に、「大好きなのんママさん」に車の前に立ってもらい、


おとり(?)になってもらいましたが、ウィル君は冷静沈着に


降車できるようになりました。上出来です♪


今後は、お母さんが絶対に妥協せずに繰り返し練習してもらうのみ!


そして、お友達の「のんママさん」にも、ウィル君が興奮している状態では


触らないようにお願いしました。


ウィル君が車から降りて、お母さんの横で大人しくなったら初めて


ウィル君に挨拶してもらうように…


興奮している状態で挨拶をすると、ウィル君が興奮する事を「肯定してしまう」事に


なるのです。


犬のトレーニングには協力していただける方も必要なのです。





「Calm Dog」では、飼い主さんのお悩みの現場でもレッスンを行います。


まさに「事件は現場で起こっている」のです。





明日はウィル君の続きを書きます。



「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」ホームページ


↓ 大きな体でとっても甘えん坊なウィル君(ブログより拝借しました~♪)。
 純真で頭の良いイケメン君です。 

ウィル


↓ 現場レッスンって楽しそう!と思った方はクリックを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日はありがとうございました。
やはりいつもの環境とは違うので、
いろいろ問題点も見えましたが、先生の的確なアドバイスで
かなり前進したと思います。
いかに私が毅然とコントロールできるか・・・!
がんばらないと~♪

今日行ったドッグランではまだまだ訓練が必要と痛感してきました(汗)
次回もよろしくお願いします。

雪ん子さんへ

こちらこそありがとうございました。
お母さんの「やる気」こそがウィル君をコントロールできるのだから、練習あるのみです。犬は「繰り返し」で学習する動物なので、ご自分で練習する際もとことん回数を重ねて成功させてください。周りから見たら「同じ事を繰り返している人」に見えますが、今、頑張れば次回、次回頑張ればその次には、成功までの時間がどんどん短くなる事を実感できます。ウィル君はとても頭がいいから、「あ、お母さんが何かを伝えようとしている」と気づき始めます。ドアの開け閉め訓練でも実感していただけたように…。
私も自分の犬のいろんな問題行動に対応してきましたが、とにかくこっちが諦めない事こそが成功の鍵だと思いました。
次回のドッグラントレーニングがとても楽しみですね♪

No title

ウータン頑張ってますね~
ここでみんなの成長振りを見ると
ガンガン刺激されます!

私も頑張らなくちゃ\(・o・)/

ぷーこさんへ

きなこちゃんもどんどん変わってきているはず~♪秋の試験、楽しみです。あ、でもプレッシャーを感じないでください…ぷーこさんが「頑張らなきゃ」と思いすぎるときなこちゃんは敏感に感じ取ってしまうので。

みんな飼い主さんがものすごく頑張っているので、私って楽かも(#^.^#)
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。