スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力ではなく心でコントロールする

今日のレッスンは、秋田犬のリンガ君。


↓ 飼い主さんのブログより拝借。
リンガ



飼い主さんのお悩みは、「散歩中に犬を見たら興奮して吠えて引っ張って大変!」


とのことです。


リンガ君は、飼育放棄されたところを今の飼い主さんが里親になったという経緯が


あり、以前の飼い主は散歩に連れて行っていなかったのではないかというお話でした。


社会化期から5歳になるまで、外の世界をあまり知らずに育った可能性もあります。


現在の飼い主さんのところに引き取られてから1年以上たっています。


愛情たっぷりに育てられていて、人間が大好き♪


ゴールデンの倍ぐらいあろうかという巨体でピョンピョン跳ねながら


「遊ぼ、遊ぼ!」と誘ってくる姿を見ると、今はとても幸せなんだと感じました。


今まで犬を飼ったことがなかったというリンガママさんですが、


犬の事をしっかり勉強されていたので、飼育環境はとてもよかったです。


最初の一時間は、犬に関する座学をお話させて頂き、リンガ君に


必要な事をお話させていただきました。


そしていよいよ、リードコントロールのお勉強。


まずは、デモンストレーションドッグを使って、飼い主さんに正しい


コントロール方法をお伝えしました。


リードの持ち方などを変えるだけで、犬が素直についてくる事を


実感してもらった後は、リンガ君と一緒に歩いてもらいます。


公園にうちのゴールデンを一頭つないだ状態にして、私のコントロールを


見てもらいました。


最初は興奮気味でうちの犬に向かって行こうとしますが、


しばらくすると落ち着いて相手の犬を無視し始めるリンガ君。


体が出来上がれば40kgは超えそうな秋田犬のオスなので、


女性である私だと力では到底かないません。


私が伝えるコントロールは、「力ではなく心」


相手が超大型犬の秋田犬であっても、左手一本だけで制御できる事を


飼い主さんにお伝えしました。


続いて、たまたま通りすがりの柴犬がいたので、その飼い主さんに


協力していただき、しばらく立っていてもらい、リンガ君と


すれ違わせてもらいました。


柴犬が苦手なリンガ君ですが、少し興奮したものの最後にはちゃんと


すれ違うことができました。


とにかく、興奮するリンガ君を「認めない事」です。


相手の犬を無視してハンドラーに向き合うまで絶対に諦めない事です。


ハンドラーが諦めなければ、犬の方から諦めてくれるので


それまで待つ事が大事なのです。


もちろん、トレーニングを初めてすぐの頃は、犬が諦めるまでに


時間がかかりますが、繰り返し経験を積んでいけば、興奮する時間が


どんどん短くなり、やがては興奮する意味がない事に気づいてくれるのです。


リンガママには、「犬と出会ったら最後まで諦めずにすれ違わせる経験を


積んでください」とお伝えしました。


そのあとは、他の犬を探しつつ、「質の高いお散歩」をさせながら


公園まで歩きましたが、こんな時って本当に犬に出会わないものですね…


リンガママの家に戻る途中、キャバリアを連れたおじさんを発見!


「すみません!トレーニングに協力してください!」とおじさんに


お願いして、リンガママとリンガ君がすれ違いました。


一回目は多少興奮が見られましたが、すぐに振り返ってもう一度


すれ違ったところ、リンガ君は全く興奮せず、キャバリアをチラ見した


だけで、すぐに前方をむいてスタスタ歩きました。


「犬に吠えなかったリンガ君」を実感したリンガママ。


この「正しい経験」の積み重ねが大事なのです!


リンガママに自信がついたら、リンガ君にその「心」が伝わります。


キャバリアとおじさんとのすれ違いは、リンガ君がすでにお疲れモードに


なった状態だったというのもありますが、とにかく小さな自信には


繋がったことでしょう。



最後に、さっきとは違う方のもう一頭のゴールデンを連れ出して、


リンガママとリンガ君のそばをわざとすれ違ったところ、


リンガ君は興奮もせずにすれ違いできました。


私がゴールデンをハンドリングしていたからというのもありますが、


リンガ君にとって「相手を無視する」という経験には繋がったのです。


今回のトレーニングでは、「すれ違い」が目標でしたが、


もう一歩進んで「犬同士の挨拶」を経験してもらうことに。


飼い主がリードして挨拶をさせることで、こんな事もできちゃいました!


↓リンガ君とうちの犬を連れてお散歩するリンガママ。
リンガ君が大きいからうちのゴールデンがちっさく見えますね…

rinnga.jpg


「うちの犬は他の犬が苦手なんだ!」という飼い主さんの意識が


犬を追い込んでいる可能性があります。


飼い主さんが正しい経験をたくさん積むことで、飼い主にも犬にも


自信が生まれるはず!


「力ではなく心でコントロール」できれば、犬との生活がもっともっと


ハッピーになれますよ♪


↓「力ではなく心なんだ!」と思ったあなたはクリックを!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


※トレーニングの裏話…
今回、秋田犬の依頼と聞いて一瞬凹んだ私。「日本犬のトレーニングは難しい」という先入観があったからです。しかし、トレーニングの前に自分の気持ちをリセットしました。秋田犬であろうと、グレートデンであろうと、チワワであろうとゴールデンであろうと相手は犬なんだ!そのおかげで、巨大なリンガ君を前にした瞬間から先入観が消え、リンガ君も私のコントロールに素直に従ってくれました。ずっと洋犬ばかりを飼ってきた私ですが、日本犬の魅力にどっぷりはまったかもしれません。


Calm Dog (カームドッグ)~飼い主塾~



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

文章を読みながら、なんだか胸が熱くなりました。
LINGAちゃんのパパママは本当に優しく、そして熱心に向き合って
いますよね。
LINGAちゃんママが先生のワンちゃんとLINGAちゃんの2頭引きをしてる写真も嬉しくなってしましました^^
きっとLINGAちゃんママも嬉しかっただろうなぁ~って。

2日のロッド君とバディちゃんのゴルコンビの方も
どうぞ宜しくお願い致します♪

それとブログが個人ブログに変更になりました(;´▽`A``
これからもどうぞ宜しくお願い致します☆

のんママさんへ

のんママ、お客様を紹介して頂きありがとうございますぅ(泣)。「悩める飼い主さんを少しでも楽にしてあげたい」と思って立ち上げたCalmDogですが、お客様に励まされる日々に大変感謝しております。本当にありがとうございます。ロッド君とバディちゃんのママからもお電話を頂きました。若いゴル2頭のレッスン、頑張ってきます♪私の犬たちの若い頃を思い出しそうだわぁ。

個人ブログはすでに読ませてもらっていますよ~(#^.^#)!
お仕事がお忙しいようなので、お体にはくれぐれもお気をつけください。
あ、その後の会社でののんちゃんの様子を教えてくださいませ~!

No title

ぐーたらママさんの文章表現すごくわかりやすく
読んでいて、引き込まれて行きました♪
トトちゃん(セラピーのゴールデン)のママが
Tさんの教え方、とても分かりやすいの
今度トトも習いたいと言ってたけど
本当に判りやすいです♪

リンガママです

本当どうもありがとうございました!
早速例のアイテム購入して、7月2日に届くみたいです。
今から楽しみです^^

リンガの散歩の仕方を旦那に教えて、夜散歩させて、コツを教えたら次の日の朝の散歩ですごく言う事を素直に聞いて、ドアとかも勝手に出なくなり、ひっぱらなくなったみたいです。

旦那がリンガはやっぱ頭いいかも!って言ってました。親バカですw

また次回もお願いします^^

オペラ&エミー母さんへ

Calm Dogの目的は、「飼い主さんが理解する事」なので、わかりやすいと言っていただけるとすごく嬉しいです!なんせ、元ライターなので文章書くのは得意ですから(#^.^#)。
トトちゃんは、あのサラサラヘアのゴルちゃんですね。いつでもお伺いしますよ~♪ってお伝えください(笑)!

リンガママさんへ

こんにちわ。そろそろ経過を知りたくてメールをしようかと思っておりました。
そうですか!パパさんもコントロールの仕方を理解して頑張っているのですね。まだ他の犬とはまだすれ違っていないのかしら?最初は興奮すると思いますが、必ず最後まで興奮を抑えきってください!
飼い主さんの扱い方が変われば犬はガラリと変わります。家の中での接し方も散歩の仕方も、とにかく継続が大事です。もっともっとお利口さんになりますよ。カフェデビューも夢じゃないですね♪
プロフィール

CalmDog

Author:CalmDog
札幌市で開業した「Calm Dog(カームドッグ)~飼い主塾~」は、犬ではなく飼い主に向けたドッグトレーニングプランをご提案します。トレーニングは、座学「飼い主学」を学んでから。「犬」という動物を知れば、きっと素晴らしい絆が生まれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。